【明治安田生命J1リーグ第11節】
2022年5月3日(火)
15:00キックオフ
サガン鳥栖(6位/15pt) vs セレッソ大阪(9位/13pt)
[駅前不動産スタジアム]

◆高い強度で守備ブロックをぶち壊せ【サガン鳥栖】

前節はアウェイでの柏レイソル戦。なかなかゴールを奪えていなかった鳥栖だったが、4ゴールを奪って勝利を収めた。

チームとしてのコンセプトを守りながら効果的にゴールを奪っていたが、後半は柏に盛り返される事態に。連続してピンチを迎えた中、相手の拙攻もあり、突き放すことに成功した。

まだまだ完全に主導権を握って試合をコントロールすることがでいていないが、今節の相手はその点を突かれて昨年は勝てなかった相手だ。

高い強度を保ってC大阪を封じ込めることができるのか。チームとして相手を圧倒し、守備を崩すことがポイントとなる。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:朴一圭
DF:原田亘、田代雅也、ジエゴ
MF:飯野七聖、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人
MF:堀米勇輝、本田風智
FW:小野裕二
監督:川井健太

◆相手の強度に屈しないメンタルを【セレッソ大阪】

前節はホームに鹿島アントラーズを迎えたが、0-3で完敗。首位に立ったチームの前に力のなさを露呈してしまった。

試合内容は悪くなかったが、相手を押し込んでいく時間が長かった中、ゴールを奪えずに力負けしたことは精神的な影響があると考えられる。

互角に戦えたことをポジティブに捉え、今節はバウンスバックが必要。試合中に戦況を読んで誤った選択をしないことが非常に重要になる。

鳥栖は高い強度でプレスをかけ続けてくる相手。相手のペースに飲まれず、自分たちの戦い方を見せられるか。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、西尾隆矢、山中亮輔
MF:中原輝、奥埜博亮、原川力、清武弘嗣
FW:山田寛人、加藤陸次樹
監督:小菊昭雄

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら