マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFジェシー・リンガード(29)にイタリア移籍の可能性があるようだ。

アカデミー時代から過ごすユナイテッドで代表にまで上り詰めたが、近年は出場機会を減らすリンガード。昨冬にはデイビッド・モイーズ監督に誘われる形でウェストハムに移籍すると、プレミアリーグ16試合の出場で9ゴール5アシストという活躍を見せ、復活を印象づけた。

しかし、ユナイテッドに戻った今季はここまでリーグ戦で途中出場を中心に16試合の出番にとどまっているのが現状。今年6月に契約切れとなるなか、延長交渉は決裂したとされ、退団が確実視されている。

今夏の移籍市場においてはニューカッスルやトッテナムといったイングランドの複数クラブからの関心が噂される中、『ESPN』はミランとユベントスがこの争奪戦をリードしており、フリートランスファーでの獲得を狙っていると報道。今年11月のカタール・ワールドカップでの代表メンバー入りを目指すアタッカーは、イタリアに新天地を求めることになるだろうか。