チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、ビジャレアルvsリバプールが3日に行われ、2-3でリバプールが勝利した。この結果、2戦合計スコア2-5でリバプールが決勝に進出している。リバプールのMF南野拓実はベンチ入りも出場しなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。

ビジャレアル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 ルジ 5.0
ファビーニョのシュートは止めたかった

DF
8 フォイス 5.5
前半はマネを封じるも後半はルイス・ディアスに翻弄される

3 アルビオル 5.5
後半は耐えきれなかったが、前半はうまくラインを統率

4 パウ・トーレス 5.5
正確なロングフィードで攻撃の起点にもなっていた

12 エストゥピニャン 6.0
好クロスから好機演出。1点目に絡む

(→トリゲロス -)

MF
17 ロ・チェルソ 5.5
37分の裏抜けのチャンスを決めたかった

6 キャプー 6.5
終盤に退場したが、2アシストを記録するなど攻撃面で大きな存在感を示した

5 パレホ 6.0
とりわけ前半はゲームを支配した

19 コクラン 6.0
決勝進出には繋がらなかったが、30歳にして嬉しいCL初ゴール

(→ペドラサ -)

FW
7 ジェラール・モレノ 6.0
右サイドに流れてのチャンスメーク。負傷を抱える中、十分なパフォーマンスだった

(→チュクウェゼ -)

16 ディア 6.0
裏へのランニングで揺さぶる役割を遂行し、ダンジュマ不在の穴を埋めた

(→アルカセル -)

監督
エメリ 6.0
限りある戦力の中でリバプールを慌てさせるところまで持っていった点は評価に価する

リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 アリソン 6.0
好飛び出しでピンチを防ぐ

DF
66 アレクサンダー=アーノルド 6.0
2失点目に関与もルイス・ディアスのゴールをアシストで帳消し

5 コナテ 5.5
前半はバタついたが、後半に落ち着いた

4 ファン・ダイク 5.5
1失点目の場面ではディアに付ききれず

26 ロバートソン 5.0
2失点に関与。攻撃面でもいつものような質は見せられず

(→ツィミカス -)

MF
8 N・ケイタ 6.0
前半に代えられてもおかしくないパフォーマンスだったが、後半に盛り返して1アシスト

(→ヘンダーソン -)

3 ファビーニョ 6.5
ボールの回収、配球が相変わらず的確。反撃の狼煙を上げる1点目を奪取

(→ミルナー -)

6 チアゴ 5.5
前半は思うようにゲームを作れなかった。後半にバー直撃のシュートを放つ

(→C・ジョーンズ -)

FW
11 サラー 6.0
ファビーニョのゴールをアシスト。単発だったが、一定の脅威を与える

20 ジョタ 5.0
裏抜けから一本好機演出もそれ以外で目立ったプレーはなかった

(→ルイス・ディアス 6.5)
試合の流れを一変させた。ドリブルでの仕掛けでアクセントとなる

10 マネ 6.0
前半はフォイスに止められるも後半から中央に移って1ゴール

監督
クロップ 6.5
ルイス・ディアスの後半投入で試合をひっくり返した

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ルイス・ディアス(リバプール)
試合の流れを一変させた。個での打開で違いを生み、流れを引き寄せた。

ビジャレアル 2-3 リバプール
【ビジャレアル】
ディア(前3)
コクラン(前41)
【リバプール】
ファビーニョ(後17)
ルイス・ディアス(後22)
マネ(後29)