4日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第11節延期分の3試合が行われた。

引き分け以上で優勝が決まるINAC神戸レオネッサは、4月29日に顔を合わせたばかりのサンフレッチェ広島レジーナとアウェイで再戦した。

INAC神戸は先発の変更を阪口萌乃から西川彩華への1枚にとどめ、広島レジーナは5日前と同じ11人をスタメンで起用。3点のリードから1点差まで詰め寄られた前回対戦だが、この日も勢いは広島レジーナにあった。

7分にボックス右から守屋都弥がシュートを放ったINAC神戸に対し、広島レジーナは10分に中嶋淑乃、3分後に上野真実が立て続けのフィニッシュ。守備もはまって主導権を握ると、28分に先手を取る。

持ち上がった小川愛からの一本のパスで右の深い位置を取り、上野がダイレクトでクロス。大きな山なりのボールはクロスバーに当たり、跳ね返りを中嶋が流し込んでネットを揺らした。

つなぎの部分でミスが多く、前線に起点を作れないINAC神戸は前半シュート1本にとどまった。ビハインドの後半も疲労の影響か優勝へのプレッシャーか、ミスが目立ち、ボール保持のエリアは次第に前進するも、最後の局面で息が合わない。

逆に61分にはカウンターから2対4の数的不利を被るも、川島はるなのシュートはバーの上で救われるなどあわやの場面も見られた。

京川舞や浜野まいかといった前線の選手を投入するも最後まで1点が遠く、INAC神戸は今季初黒星を喫して優勝は次節以降にお預けとなった。

3連敗中の5位・日テレ・東京ヴェルディベレーザはアウェイで最下位のノジマステラ神奈川相模原と対戦した。6分に藤野あおばの2試合連続ゴールで先制に成功すると、80分には菅野奏音が追加点を挙げてリードを広げ、2-0で快勝。4試合ぶりの白星を手にしている。

長野Uスタジアムでは9位・AC長野パルセイロ・レディースと4位・マイナビ仙台レディースが激突。50分にショートコーナーから奥津礼菜の今季2得点目が生まれると、これが決勝点となり、AC長野がリーグ戦再開後初勝利を飾った。

2021年12月18日(土)
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 1-1 大宮アルディージャVENTUS

2022年5月3日(火・祝)
アルビレックス新潟レディース 2-4 三菱重工浦和レッズレディース

2022年5月4日(水・祝)
ノジマステラ神奈川相模原 0-2 日テレ・東京ヴェルディベレーザ
サンフレッチェ広島レジーナ 1-0 INAC神戸レオネッサ
AC長野パルセイロ・レディース 1-0 マイナビ仙台レディース

WE ACTION DAY(今節試合なし)
ちふれASエルフェン埼玉


7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら