大宮アルディージャのGK南雄太(42)が、偉大な記録を達成した。

4日、明治安田生命J2リーグ第14節が行われた。

大宮アルディージャはアウェイで大分トリニータと対戦。中2日でのアウェイ連戦ということもあり、メンバーを入れ替えて臨んだ中、守護神の南はこの試合でも先発フル出場を果たす。

試合はCKからエドゥアルド・ネットにヘディングでゴールを奪われ先制を許したが、33分に富山貴光が今季初ゴールを決めて同点に追いつく。

試合を通して大分に攻め込まれ、CKの数は11本と何度となくゴールに迫られたが、南はこの試合も好セーブを連発。チームのドローに大きな貢献をした。

この試合で南は、Jリーグ通算661試合の出場を達成。これは、横浜フリューゲルス、名古屋グランパスで活躍した元日本代表GK楢崎正剛氏が持つ660試合の記録を更新。GKでの最多出場記録となった。

南は、静岡学園高校から1998年に柏レイソルへと入団。高卒ルーキーながらすぐさまポジションを奪い、プロ1年目でリーグ戦22試合に出場。その後も柏でプレーを続けると、2010年にロアッソ熊本へと完全移籍。熊本でも正守護神としてプレー。2014年に横浜FCへと完全移籍する。

横浜FCでも守護神として長らくプレー。2021年途中に大宮へと期限付き移籍すると、2022シーズンからは完全移籍となり、今シーズンも正守護神としてここまでプレーしている。

柏では通算291試合、熊本では155試合、横浜FCでは183試合に出場。大宮でも32試合に出場し、661試合出場の記録を樹立した。

前々節は0-2で負けていた中で渾身のPKセーブ。娘も絶賛するなど話題となると、チームの逆転勝利を呼び込むなど、今なおチームを助ける守護神として輝き放っている。



7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら