ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準決勝2ndレグが5日に開催される。ファイナル進出を懸けた第2の展望を紹介していく。

◆ECL準決勝 2ndレグ
5/5(木)
《28:00》
ローマ vs(AGG:1-1) レスター・シティ
マルセイユ vs(AGG:2-3) フェイエノールト

◆オリンピコが大きなアドバンテージとなるか
Getty Images
◆両チーム予想スタメン◆
ローマ(3-4-1-2)
GK:ルイ・パトリシオ
DF:マンチーニ、スモーリング、イバニェス
MF:カルスドルプ、セルジオ・オリベイラ、クリスタンテ、ザレフスキ
MF:ペッレグリーニ
FW:ザニオーロ、エイブラハム

レスター・シティ(4-3-3)
GK:シュマイケル
DF:リカルド・ペレイラ、フォファナ、エバンス、ジャスティン
MF:マディソン、ティーレマンス、デューズバリー=ホール
FW:ルックマン、ヴァーディ、バーンズ

熱狂のスタディオ・オリンピコで行われるモウリーニョ監督とロジャーズ監督による師弟対決は、初戦に続き拮抗した展開が見込まれる。
先週にレスター・シティ・スタジアムで行われた1stレグは1-1のドローに終わった。ホームのレスターがボールを握り、アウェイのローマがカウンターで応戦するという構図となった中、立ち上がりの15分にMFザレフスキとMFペッレグリーニの生え抜きコンビの鮮やかな連携でアウェイチームが先手を奪った。

1点ビハインドで後半に臨んだレスターは、押し込みながらもゴールが遠い状況が続いたが、途中投入のMFバーンズが鋭いクロスでDFマンチーニのオウンゴールを誘発し、後半半ばの67分に追いついた。以降は互いに決定機を作り合ったが、決め手を欠きイーブンな状況で2ndレグを迎えることに。

初戦では耐える時間帯が多かったものの、ポルトガル人指揮官仕込みの粘り強い守備で最低限のドローで初戦を終えたローマ。セリエAにおいて熾烈なヨーロッパリーグ(EL)争いに身を置くチームは、一部主力を温存したボローニャ戦を0-0のドローで終えた。主力を投入した後半に勝負をかけたものの、相手の堅守をこじ開けられずに結果、内容共に消化不良の形で今回の一戦を迎えることになった。

初戦で負傷したMFムヒタリアンを除き、全主力が起用可能な状況だが、過密日程による勤続疲労は懸念材料だ。それでも、モウリーニョ率いるチームと良好な関係性を築く熱狂的なロマニスタが大挙して作り出す雰囲気はホームチームに勇気を、アウェイチームに圧力を与えるため、初戦とは異なるアグレッシブなジャッロロッシが見られるはずだ。

一方、パフォーマンス自体は悪くなかったものの、ホームで勝ち切れなかったレスター。先週末のリーグ戦では主力の温存に[3-5-2]のシステム変更で臨んだトッテナム戦に1-3で敗戦。リーグ4戦未勝利となった。DFフォファナやDFエバンス、MFバーンズ、FWルックマンらに完全休養を与え、コンディションを上げたいFWヴァーディらを短い時間帯プレーさせるなど、今回の一戦に照準を合わせたチームマネジメントを行ったが、ボールを持たされた際の攻撃の手詰まりなど、幾つかの課題を抱える形で敵地へ乗り込むことになった。

◆第2ラウンドも打ち合い必至か
Getty Images
◆両チーム予想スタメン◆
マルセイユ(4-3-3)
GK:マンダンダ
DF:ロニエ、サリバ、チャレタ=ツァル、ルアン・ペレス
MF:ジェルソン、カマラ、ゲンドゥージ
FW:ジェンギズ・ウンデル、ミリク、パイエ

フェイエノールト(4-2-3-1)
GK:マルシアノ
DF:ヘールトライダ、トラウナー、セネシ、マラシア
MF:アウルスネス、オルクン・コクチュ
MF:ネルソン、ティル、シニステラ
FW:デサース

フランス屈指の名門マルセイユと、オランダ屈指の名門フェイエノールトのファイナル進出を懸けた第2ラウンドは初戦に続き打ち合い必至となりそうだ。

先週にフェイエノールトのホームで行われた1stレグは、3-2でホームチームが先勝した。戦前はマルセイユ優位と思われたが、立ち上がりからアグレッシブな入りを見せたフェイエノールトは18分に鮮やかな中央での崩しからFWデサースのゴールで先手を奪うと、直後には相手のハイラインを破り、FWシニステラのゴールで加点。

一方、いきなり2点のビハインドを背負ったマルセイユもFWディエングの強烈なミドルシュートで1点を返すと、前半終了間際には波状攻撃からMFジェルソンのゴールで前半の内にスコアをタイに戻した。

後半は2点差を追いついたアウェイチームの流れかに思われたが、キックオフ直後にDFチャレタ=ツァルの不用意なバックパスを奪ったデサースが難なく勝ち越しゴールを奪うと、以降は両チームの守備陣の奮闘もあってスコアは動かなかった。

ビッグマッチでは許されないミスが響き、1点のビハインドを背負ってホームでのリターンレグを戦うことになったマルセイユは、直近のリーグ戦でもホームでリヨンに0-3のスコアで大敗。大幅にメンバーを入れ替えたわけではないだけに、今回の大一番に向けてチーム状態が不安視されるところだ。それでも、大黒柱のMFパイエを中心にFWミリクやFWバカンブなど経験豊富なタレントが揃っているだけに、ベロドロームの熱狂的なサポートを期待しつつ、メンタル面を立て直して臨みたい。

一方、フェイエノールトは週末のリーグ戦で下位に低迷する フォルトゥナ・シッタートを相手にDFヘールトライダの2ゴールなどで3-1のスコアで快勝。敵地での一戦では初戦で出た守備面の課題を修正しつつ、1stレグでも相手に脅威を与えたシニステラ、FWネルソンの両翼による個人技で違いを生み、1stレグでの2ゴールで得点ランキングトップ(10ゴール)に躍り出たデサースの決定力を生かし、攻撃的な戦いを見せたい。