ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの代理人が、インテル行きの噂を否定した。

2015年夏の加入から、ユベントスのセリエA5連覇に貢献してきたディバラ。現行契約が今夏で満了するにあたりクラブと交渉を続けてきたが、クラブ側が最初に提示した条件を下方修正してきたことで決裂。CEOのマウリツィオ・アリバベーネ氏も破談を公に認め、退団が決定的となった。

マンチェスター・ユナイテッドやアトレティコ・マドリーからの関心も伝えられていた中、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が4日付の記事でインテルとの合意を報道。年俸600万ユーロ(約8億2000万円)の4年契約という具体的な数字も伝えられた。

しかし、その報道からすぐに代理人のホルヘ・アントゥン氏が火消しに。イタリア『カルチョメルカート』の取材で合意を否定し、選手はシーズン終盤に向けて集中していることを強調した。

「彼はシーズンの終わり、リーグ戦やカップ戦決勝のことだけに集中している。現時点では、イタリア国内外のどのチームとも合意に至っていない」