大宮アルディージャVENTUSのDF鮫島彩が成長を続けている。

4月3日に行われた「2021-22 Yogibo WEリーグ」第16節、三菱重工浦和レッズレディースとの"さいたまダービー"では2-1で勝利を収めたものの、以降は3試合勝利がない大宮V。直近では2連敗と、勝負の際を制し切れない戦いが続いている。

とはいえ、林みのりなど冬の新加入選手も含めて連係面は向上してきた。また、チームとしてだけでなく、個人としても4月に行われたなでしこジャパンの合宿に井上綾香が初選出されるなど、明るいニュースも増えている。

ここまで15試合に先発出場している鮫島も、充実のトレーニングを行っている1人だ。公開したのは ボックスジャンプの様子。据えられた箱に助走なしで飛び乗るものだ。瞬発力と爆発的なパワーを高めるために用いられる。

昨年12月には「トップチームの男子選手がやってる高さに挑戦したけれど、全然無理だった件」と残していた鮫島。4月14日には「前回飛べた高さと飛べなかった高さの中間くらいで徐々に高さを上げながら実施」と徐々に高さを上げていった。

そして5日。インスタグラムに投稿された動画では鮫島の鳩尾ほどの高さである1m15cmの箱に挑戦し、見事に成功。自身も驚きの跳躍には「1番高いBOXクリアーーーー」との喜びの声と「まさか飛べると思ってなかったら、おったまげー!」との言葉を残している。

日々のトレーニングが成果となって現れた瞬間。間近で見ていたチームメイトからはもちろん、ファンからも「流石プロ」、「この前より凄くなってる‼」、「尊敬と感動の気持ちでいっぱい」、「びっくりした感じがかわいいですね」、「凄いカッコ良くて可愛い」などの賛辞が寄せられている。

大宮Vの残り試合は7日のアウェイ、AC長野パルセイロレディース戦と、22日のホーム、INAC神戸レオネッサ戦だ。トレーニングでパワーアップした鮫島の跳躍力にも注目が集まる。



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら