V・ファーレン長崎は6日、U-15コーチを務めていた宮本卓也氏が、不慮の事故により1日に逝去したことを発表した。38歳だった。

宮本氏は広島県出身で、サンフレッチェ広島の下部組織育ち。ジュニアユース、ユースと昇格し、大阪商業大学を経て2006年にセレッソ大阪へと入団した。

サイドバックやサイドハーフなどでプレー。2008年からはモンテディオ山形へ期限付き移籍すると、2009年に完全移籍。2013年にアビスパ福岡へと完全移籍するも、その年限りで引退していた。

J1通算101試合1得点、J2通算106試合出場、リーグカップ通算12試合に出場していた。

引退後は、C大阪のスクールコーチやU-15のコーチを務め、今シーズンんから長崎でU-15コーチを務めていたが、帰らぬ人となってしまった。

夫人の希さんはクラブを通じてコメントしている。

「今年度よりアカデミースタッフメンバーとして迎えていただき、本人もやる気に満ち溢れていた矢先のことで、家族も事実をまだ受け入れられずにおります。短い間ではございましたが、V・ファーレン長崎の一員として加えていただき本当にありがとうございました」

また、所属したC大阪、山形、福岡も宮本氏を追悼している。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら