ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、思わず涙を流した。

昨シーズン途中にトッテナムで解任されたモウリーニョ監督。かつてインテルで3冠も達成した名将はローマの指揮官に就任し、11年ぶりにイタリアの地へと舞い戻った。

セリエAではチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ユベントスには離されてしまったものの、第34節のインテル戦に敗れるまで12戦無敗も記録。今シーズンから新設されたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では、準決勝まで駒を進めていた。

そしてローマは5日、準決勝2ndレグでレスター・シティとホームで対戦。1stレグを1-1のドローで終えていた中、11分にFWタミー・エイブラハムがゴールを奪い先制すると、その後は鉄壁の守備で無失点に抑え、2戦合計2-1で勝利し、決勝へと駒を進めた。

試合直後、モウリーニョ監督の目には涙が。その姿には「本物のリーダーだ」、「この人間臭さが好き」、「もらい泣きした」、「コッチまで泣きそうになる」、「こういう表情は初めて見た」とファンから驚きの声が上がり、「モウにはタイトルがふさわしい」、「絶対に優勝してほしい」、「ファイナル頑張ってくれ!」と優勝を願う声も集まっていた。

試合後には「これはファミリーの勝利だ。フィールドやベンチにいたファミリーだけでなく、スタジアムにいたファミリーもだ。これが我々の最大の長所だ。この共感、家族意識…我々は並外れた試合をした」とモウリーニョ監督は勝利の要因を語った。

決勝に勝利すればローマに14年振りのタイトルをもたらすことになる。フェイエノールトとの決勝は26日に行われる。