6日、明治安田生命J1リーグ第12節のセレッソ大阪vsジュビロ磐田がヨドコウ桜スタジアムで行われ、2-1でC大阪が勝利した。

ここまで3勝5分け3敗の9位につけているC大阪と、2勝5分け4敗で15位に位置する磐田の一戦。C大阪は、今季のリーグ戦でホームでの勝利がなく、早く初勝利が欲しいところだ。

C大阪は前節のスタメンから3名を変更。丸橋祐介、加藤陸次樹、山田寛人が外れ、山中亮輔、ブルーノ・メンデス、ジェアン・パトリッキを起用した。

対する磐田は前節のスタメンから5名を変更。リカルド・グラッサ、上原力也、小川大貴、大森晃太郎、杉本健勇が外れ、大井健太郎、山本康裕、大津祐樹、金子翔太、ジャーメイン良を起用した。

互いに中2日で迎えた「フライデーナイトJリーグ」。厳しい日程ではあるものの、ゴールデンウィークということもあり多くの観客が集まった。

序盤から圧力をかけたのはホームのC大阪。ダイレクトパス交換や積極的に裏を狙う動きから、磐田のボックス付近でプレーを続けて押し込んでいく。

対する磐田もC大阪のプレス回避をしながら少ない手数でゴールに迫る展開に。11分には、ジャーメイン良がシュート。これはブロックされるが、こぼれ球を遠藤がボックス手前から左足でシュートを放つが、これは枠を超えていく。

22分にも磐田がチャンス。左から松本が右足でクロス。ジャーメイン良がヘッドでコースを変えると、ゴールに向かっていくがわずかに右に外れる。

押し込みながらもシュートチャンスが少なかったC大阪だったが反撃。23分に磐田の最終ラインがビルドアップでミス。こぼれ球を拾った清武がボックス手前からハーフボレー。枠を捉えるが、GKアレクセイ・コシェレフがセーブする。

C大阪は27分にも決定機。手数を掛けて厚い攻撃を仕掛けると、ワンタッチパスを繋いで右から毎熊がグラウンダーのクロス。これがファーに流れるも走り込んだ清武が回収し、ボックス内から浮き球のパス。GKもかわしたところ原川が蹴り込むが、大井が体を張ってブロックし、ゴールを奪えない。

それでも32分にC大阪が押し切ってしまう。右サイドからのクロスをヨニッチがボックス内でヘディングで競り勝つと、ファーサイドで西尾がギリギリでダイレクトの折り返し。最後は毎熊がヘディングで合わせ、C大阪が先制する。

先制した後はビルドアップをしながら攻め込むC大阪。すると40分、ブルーノ・メンデスが入れ替わって持ち出すと、グラウンダーのクロス。これをジェアン・パトリッキがスルーしファーサイドまで流れると、上がっていた清武がダイレクトでクロス。これを毎熊が合わせて2点目を奪う。

C大阪が2点をリードして迎えた後半、ビハインドの磐田は金子と大井を下げて、大森晃太郎、ファビアン・ゴンザレスを投入する。

両チームとも選手を交代させて流れを変えていく中、75分にアクシデント。途中出場の磐田DF小川大貴がボールをトラップすると、為田大貴がタックル。このプレーで小川が足首を負傷。為田にはイエローカードが出されていたが、オン・フィールド・レビューの結果、一発退場に変更となり、C大阪は数的不利な状態で残り時間を戦うこととなる。

このプレーで流れが変わると79分、大森のロングフィードを小川に代わって入った吉長がボックス内で胸トラップ。これを横パスすると、大津は受けられないも、ボックス内左で待っていたファビアン・ゴンザレスがダイレクトシュート。これが決まり、磐田が1点を返す。

その後も磐田が攻め込んでいく中、試合終盤にはGKキム・ジンヒョンが接触して落下。この落下で脳震とうと肩を痛めると、プレーを続行するも座り込んでしまいGK清水圭介と交代した。

治療によりアディショナルタイムが大きく取られた中、磐田は101分に遠藤のフィードをファーサイドで鈴木がヘッド。しかし、これはGK清水がキャッチする。

C大阪はタフに戦い続けて磐田に良い攻撃をさせずにタイムアップ。2-1でC大阪が勝利し、今季のリーグ戦ホーム初白星。毎熊のJ1初ゴールで勝利を収めた。敗れた磐田は連敗となった。

セレッソ大阪 2-1 ジュビロ磐田
【C大阪】
毎熊晟矢(前32、前40)
【磐田】
ファビアン・ゴンザレス(後34)



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら