アーセナルの女子チームに所属するなでしこジャパンのFW岩渕真奈の移動着が話題となっている。

FA女子スーパーリーグ(WSL)で2位につけるアーセナルは、4日にトッテナムとの“ノース・ロンドン・ダービー”を戦った。

クラブの公式ツイッターは選手がスタジアムに到着し、ドレッシングルームへ向かう際の様子を紹介。岩渕はフィフィアネ・ミーデマとの2ショットで登場したが、着用しているウェアがファンの目を惹いている。

選手が纏っているのはミステリーブルーとスカーレットのヒョウ柄でデザインされたジャケットとパンツ。イギリスのファッションデザイナー、ステラ・マッカートニーとコラボレーションしたファッション性の高いウォームアップジャケットだ。

4月の頭から取り入れられているが、岩渕が着用して公の目に留まる機会はこれまでなかったようだ。

ファンからも「2人可愛すぎるし、この服欲しい」、「サッカー選手とは思えない格好だな(良い意味で)」、「このジャージかわいいな」、「マナはこれまでで最もかわいいサッカー選手です」などの声があがるなど、好評を博している。

ダービーはケートリン・フォードの2ゴールなどで3-0とアーセナルが快勝し、首位チェルシーと勝ち点「1」差で最終節を迎えることとなった。ただ、岩渕はベンチ入りするも出番なし。負傷明けは定位置確保に苦戦する岩渕だが、「マナにもっと(プレー)時間を与えて」というファンの声もある。

優勝の可能性を残して迎える8日の最終節は、長谷川唯を擁するウェストハムと対戦する。日本人対決にも注目が集まるなか、岩渕は出場機会をつかむことができるだろうか。



7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら