7日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第20節の2試合が行われた。

3連勝中の三菱重工浦和レッズレディースはアウェイでマイナビ仙台レディースと対戦した。

INAC神戸レオネッサの優勝を阻止するためには勝ち続けなければならないが、この日は序盤から押し込まれる展開に。古巣対戦となる白木星や推進力のある矢形海優に手を焼いた。

相手とのコンタクトで左ヒザ付近を痛めた矢形が18分にピッチを後にして以降は落ち着いた時間もあったものの、ボールホルダーへのプレッシャーが甘く、簡単に裏を狙われてオフサイドアピールばかりが目立つ。

だが、押し込まれながらもゴールレスで前半をしのぐと、後半は一気に試合が動く。48分、浦和レディースは敵陣中央右でFKを得ると、猶本光の送ったボールを繋いで清家貴子が頭で落とし、最後はゴール前に走り込んだ塩越柚歩がワントラップから流し込んだ。

54分には仙台レディースも白木のゴールですぐさま追い付く。中盤で原伊吹が突いたボールが絶妙なスルーパスとなり、ボックス内まで持ち込んだ白木は豪快な一撃を沈めた。

61分には浦和レディースが先制点と同じような位置でFKを得ると、猶本のクロスに合わせたのは高橋はな。下がりながらの体勢だったが、体を捻っての力強いヘディングを左上に決め切った。

2分後にはまたしてもセットプレーから今度は南萌華。ファーから中央へ入り込む動きでフリーとなり、猶本の右CKクロスを右足で流し込んだ。

連続失点を喫した仙台レディースだったが、79分にこちらもセットプレーから再び反撃。ボックス右のわずかに外でFKを得ると、長野風花のキックに高平美憂が合わせる。菅澤優衣香が触れるもクリア及ばず、シュートはゴールに吸い込まれた。

1点差に迫られた浦和レディースだったが、我慢を重ねてタイムアップ。辛うじて逃げ切り、4連勝でINAC神戸へプレッシャーを掛けた。

また、AC長野パルセイロレディースは大宮アルディージャVENTUSとホームで対戦。序盤から攻勢を強めた長野レディースが44分に先手を取る。

ボックス右で瀧澤千聖のパスを受けた奥津礼菜は、縦に抜ける瀧澤千聖の動きを囮にし、リターンと見せかけてループシュートでネットを揺らすと、このゴールが決勝点に。[3-4-3]から[4-4-2]への布陣変更も奏功し、長野レディースが初の連勝を達成。奥津は2戦連続でヒロインインタビューを受けた。

5月3日(土)
マイナビ仙台レディース 2-3 三菱重工浦和レッズレディース
AC長野パルセイロレディース 1-0 大宮アルディージャVENTUS

5月8日(日)
ノジマステラ神奈川相模原 vs INAC神戸レオネッサ
サンフレッチェ広島レジーナ vs ちふれASエルフェン埼玉
アルビレックス新潟レディース vs 日テレ・東京ヴェルディベレーザ

WE ACTION DAY(今節試合なし)
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース


7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら