【明治安田生命J1リーグ第12節】
2022年5月8日(日)
16:00キックオフ
柏レイソル(4位/19pt) vs 浦和レッズ(16位/10pt)
[三協フロンテア柏スタジアム]

◆前節の反省を生かせるか【柏レイソル】

前節はアウェイでのサンフレッチェ広島戦。3連敗中で臨んだ試合は先行を許したものの、途中出場のルーキーFW森海渡が圧巻の2ゴールを見せて逆転勝利を収めた。

上位争いに踏みとどまれたが、それでも危うさは残っていた。

特に守備面では相手のボールホルダーを消すことができず、何度もパスを出されて崩されかけた。浦和も広島と似てビルドアップと選手のポジショニングは流動的。しっかりとコントロールできなければやられてしまう。

あとは、少ないチャンスをどう活かすか。カウンターを仕留める力があれば、相手も簡単には前に押し込めないが、ブロックを作りながらカウンターを発動できるかに注目が集まる。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:キム・スンギュ
DF:大南拓磨、高橋祐治、古賀太陽
MF:中村慶太、椎橋慧也、三丸拡
MF:マテウス・サヴィオ、小屋松知哉
FW:武藤雄樹、細谷真大
監督:ネルシーニョ

◆後方からの巻き返しの第一歩【浦和レッズ】

アジアでの戦いを終えてしっかりと結果を残してきた浦和。およそ1カ月ぶりとなるリーグ戦では、巻き返しを図っていきたいところだ。

AFCチャンピオンズリーグでは、リーグ戦でなかなか起用できなかった選手たちもピッチに立つことに。相互理解、リカルド・ロドリゲス監督の戦い方の浸透はもちろんのこと、それぞれがゴールという結果を残すなど、収穫は多かった。

一方で、酒井宏樹、大畑歩夢、キャスパー・ユンカーらケガ人が出たこともあるが、選手層の厚さは十分。しっかりと、チームとしての力を見せる時が来た。

チームは16位と残留争いのポジションからのスタート。ここからの巻き返しが重要となるが、成熟したチームがどう結果を残すのか。自信を持ってピッチ上でパフォーマンスを見せてもらいたい。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:鈴木彩艷
DF:馬渡和彰、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩
MF:岩尾憲、伊藤敦樹
MF:ダヴィド・モーベルグ、江坂任、松尾佑介
FW:アレックス・シャルク
監督:リカルド・ロドリゲス

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら