名古屋グランパスは10日、立正大学に在学するMF榊原杏太(20)の2024シーズン加入内定を発表した。

静岡県出身の榊原は清水エスパルスJrユース、名古屋U-18を経て、立正大学に進学。創造性に溢れパス、ドリブルともに違いをみせるレフティーだという。

まだ大学3年生だが、このタイミングで2年後の名古屋入りが決定した榊原はクラブを通じて喜びの思いとともに決意を語った。

「立正大学から2024シーズンに加入することになりました榊原杏太です。アカデミー時代にお世話になり、自分を大きく成長させてくれた名古屋グランパスでプロキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います」

「これまで支えていただいた、全ての方々に感謝の気持ちを持ってプレーし、たくさんの人に 愛される選手になりたいと思います。グランパスファミリーの皆さま、応援よろしくお願いします」



7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら