ウェストハムがスタッド・レンヌに所属するモロッコ代表DFナイーフ・アゲルド(26)の獲得に動くようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。

ウェストハムは今シーズンをセンターバック4人体制でスタートしたが、イタリア代表DFアンジェロ・オグボンナの長期離脱に始まり、シーズン終盤にはフランス代表DFクル・ズマ、フランス人DFイサ・ディオプが相次いで離脱。先月は本職のセンターバックがイングランド人DFクレイグ・ドーソンのみと、厳しいバックラインのやり繰りを強いられていた。

そのため、デイビッド・モイーズ監督は来シーズンに向けてセンターバックの補強を画策。ここまではミラン行き濃厚なリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマンを始め、バーンリーのイングランド代表DFジェームズ・タルコウスキ、ノッティンガム・フォレストのイングランド人DFジョー・ウォラルといった選手が獲得候補に挙がっていた。

そういった中、新たに浮上しているのが、今シーズンのリーグ・アンで最も安定したセンターバックの一人という評価を得ているアゲルドだ。

2020年にディジョンからレンヌに加入したモロッコ代表DFは、190cmの左利きのセンターバック。サイドバックでもプレー可能なスピードもあり、地対空で勝負できる堅実な守備者だ。また、近いプロフィールを持つボトマンほどではないものの、左足のフィードや局面を変える持ち上がりなど、ウェストハムのスタイルにおいては攻撃面でも十分な貢献が期待できる。

レンヌとの契約は2025年までとなっており、2節を残してチャンピオンズリーグ出場権獲得の可能性がある5位のチームが出場権を獲得した場合、交渉はより複雑となるが、2000万ポンド(約31億3000万円)程度の移籍金で獲得可能と思われる。