プレミアリーグ第22節延期分、トッテナムvsアーセナルが12日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-0で圧勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロリス 6.5
ピンチの数は決して多くなかったが、エンケティアやウーデゴールの際どいシュートをきっちりストップ。クロスボール対応やスペースケアも安定していた

DF
6 ダビンソン・サンチェス 6.0
ロメロの負傷を受け、久々のスタメンでプレー。立ち上がりはビルドアップで硬さも見受けられたが、数的優位の影響もあって3点目の起点になるなど持ち直す。守備では背後を取られるシーンもあったが概ね安定

15 ダイアー 6.5
攻守両面で安定したパフォーマンスを披露。エンケティアら相手のアタッカー陣にほぼ仕事をさせなかった

33 ベン・デイビス 6.5
早い時間帯にカードをもらったが、出足鋭い潰しや決定的なシュートブロックでリバプール戦に続くハイパフォーマンス。要所で見せる攻撃参加も機能

(→ロドン -)

MF
12 エメルソン・ロイヤル 6.0
サンチェスとのコンビもあり不安視されたが、守備時の素早い切り替えに加え、決定機に顔を出すなど、上々のパフォーマンス

30 ベンタンクール 6.5
ケインの2点目をアシスト。ホイビュルクと共に中盤での的確な潰し、散らしを見せて勝利に大きく貢献

5 ホイビュルク 7.0
90分間強度の高いプレーを見せつつ、要所で巧さを見せて中盤を支配。過密日程が続く中でダービーへの熱がパフォーマンスに多くのプラスをもたらした

19 セセニョン 6.5
前半は対面のサカとほぼ互角に渡り合い、良い切り替えから守備面で安定をもたらす。攻撃では良いところに顔を出せているだけに精度改善が求められる

FW
21 クルゼフスキ 6.0
両エースに比べて目に見える結果は残せなかったが、巧みな身体の使い方で攻守に奮闘。シンプルに右足を使えればというシーンは幾度かあった

(→ルーカス・モウラ 5.5)
冨安からボールを奪ってカウンターに繋げるなど、途中出場の選手としての役割はきっちりとこなした

10 ケイン 7.0
リーグ戦でのダービー15戦目で13ゴールに到達。前線の起点として多くのチャンスを演出するエースの仕事を果たした

7 ソン・フンミン 7.0
3試合連発となるリーグ21ゴール目。ホールディング退場を誘発し、PKも獲得するなどケインと共に決定的な仕事を果たした

(→ベルフワイン 5.5)
見せ場は少なかったが、最低限の仕事はこなした

監督
コンテ 6.5
苦手とするアーセナル相手に完勝。相手を完膚なきまでに叩きのめすプランもあったが、中2日の試合を睨んだ交代策など、先を見据える試合運びも良かった

アーセナル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
32 ラムズデール 5.5
失点はいずれも致し方なし。屈辱の3失点も2度のビッグセーブなど意地は見せた

DF
17 セドリック 4.5
不用意なファウルでPK献上。ウイングバックでプレーも攻撃面での貢献度はほぼなく、守備でも判断ミスやビルドアップの局面で苦戦

16 ホールディング 4.0
見方によって2枚目は厳しい判定と言えるが、試合が荒れ始めた中でピンチになりそうにない場面での不必要なコンタクトは軽率だった。間違いなく試合を壊した戦犯

6 ガブリエウ 5.0
ケインとのバトルで苦戦も最後のところでは身体を張った。後半半ば過ぎにハムストリングを痛めて負傷交代…

(→ヌーノ・タヴァレス 5.5)
一度良い抜け出しからの折り返しでチャンスメイク。球際の対応ではやや繊細さを欠いた

18 冨安健洋 6.0
左サイドバックでのスタートからバックラインの複数役割をこなす。不用意に入れ替わられた場面やボールロストもあったが、決定的なシュートブロックやカバーリングを含め再三の好守を連発。日本人という贔屓目なしにこの試合でのアーセナルのベストプレーヤー

MF
7 サカ 5.0
試合の入りは悪くなかったが、コンディションが万全ではないこともあり、数的不利の状況で普段のようなパワーを出せず

25 エルネニー 5.0
中盤でフィルター役を担ったが、数的不利の影響もあって難しい対応を強いられた。マイボール時は相手の圧力をもろに受けてしまった

8 ウーデゴール 5.5
幾つかあったシュートチャンスは決め切りたかったが、数的不利を背負った中で攻守両面で多くの仕事をこなした

34 ジャカ 5.5
冨安と共に数的不利の中で複数の役割をこなす。最後にカードをもらったが、冷静さを失わずにやるべき仕事を淡々とこなした

35 マルティネッリ 5.5
攻撃面では最も可能性を感じさせるプレーを見せたが、守勢の中でアップダウンを繰り返したことで早めの交代に

(→スミス・ロウ 5.0)
難しい時間帯での投入となった。守備では身体を張ったが、攻撃は活性化させられず

FW
30 エンケティア 5.0
前半に惜しいシュートを放ったが、屈強な守備陣を相手にボールキープや起点づくりで存在感を示せず

(→ラカゼット 5.0)
球際で気迫を見せたが、チャンスにほぼ絡めず

監督
アルテタ 5.0
結果論ではあるが、ホールディングに序盤から負担が見えていただけに冨安を右でスタートさせるプランを採用すべきだったか。心身共に疲労を抱え、負傷者まで出す最悪な結果に

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ケイン(トッテナム)
もう一人のエースの活躍やホイビュルクも際立ったプレーを見せたが、やはりダービーキングに恥じない2ゴールで、シアラー、アグエロに並ぶ通算8シーズン目の15ゴールに到達したエースをMOMに選出。

トッテナム 3-0 アーセナル
【トッテナム】
ケイン(前22)[PK]
ケイン(前37)
ソン・フンミン(後2)

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら