リーズ・ユナイテッド戦で足首を負傷したチェルシーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチだが、予想より軽傷の可能性もあるようだ。

11日に行われた延期分のプレミアリーグ第33節リーズ戦で、コバチッチはMFダニエル・ジェームズのスライディングタックルを受けた。左足首に相手の足裏が直撃する格好となり、危険行為としてダニエル・ジェームズは一発退場を命じられた。

その後、しばらくプレーを続けたコバチッチだったが、30分に痛みで続行不可能に。試合後にはウェールズ代表のタックルをめぐって波紋が広がることとなり、リバプールのレジェンドであるグレアム・スーネス氏は「危険極まりない」と非難した。

また、コバチッチのケガの具合についてトーマス・トゥヘル監督は「腫れと痛みがあり、これまでも痛めていた足首ということもあって良くなさそうだ」とコメント。特に14日に控えるFAカップ決勝のリバプール戦に向けて大きな痛手を被ることが予想された。

だが、イギリス『タイムズ』のトム・ロディ記者は「最初に恐れられたほど悪くはない」と主張。リバプール戦の出場に可能性を持たせた。

なお、チェルシーの中盤では、MFエンゴロ・カンテがリーグ戦直近3試合をケガで欠場中。また、MFジョルジーニョはリーズ戦でフル出場したものの、その前の試合をケガで休んでおり、万全の状態とは言えないようだ。