熾烈なトップ4争いが繰り広げられているプレミアリーグだが、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるギャリー・ネビル氏はトッテナム有利と見ているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えている。

来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を巡り、チェルシー、アーセナル、トッテナムのロンドン勢がその座を争っているプレミアリーグ。12日には延期していたプレミアリーグ第22節のトッテナムvsアーセナルのノースロンドン・ダービーが行われ、ホームのトッテナムがFWハリー・ケインの2ゴールなどで快勝を収めた。

アーセナルは勝てばトップ4が確定する状況だったが、この結果により両者の勝ち点差は「1」に縮まり、トッテナムが望みを繋ぐ形となった。その中でネビル氏は、あと1ポイントでCL出場権が得られる3位チェルシーを差し置いた時、アーセナルとトッテナムではトッテナムが有利だと意見。アーセナルは次節のニューカッスル戦が非常に大きな意味を持つと語った。

「トッテナムの残る試合はホームのバーンリーと、アウェイのノリッジ・シティ戦だ。そして、アーセナルは月曜日にニューカッスルと対戦するが、トッテナムが日曜日に勝った場合は非常に厳しいものになるだろう。最終節はホームのエバートン戦だが、彼らが残留のため勝ち点を必要としていた場合、本当にタフな2試合が待っている」

「トッテナムはバーンリーに、アーセナルは残り2試合に勝つ必要がある。今夜は本当に大きな一撃だった。私は中立の立場であり、この判断は間違っているかもしれないが、もし金を賭けるとしたらトッテナムだろう」

ネビル氏はまた、ミケル・アルテタ監督がこの結果によって大きな重圧を背負うことになるはずだとコメント。若いチームや指揮官が晒されるプレッシャーを懸念した。

「ミケル・アルテタにとっては大きな瞬間になる。若い監督にとっては大きなプレッシャーだろう。彼がどう見られるかは、今夜の退場処分などを踏まえたうえで、月曜日のニューカッスル戦でどのような結果を出すか次第だ」

「私はアルテタがアーセナルで非常に良い仕事をしたと思っている。CL出場権を獲得すればクラブでFAカップ優勝とトップ4入りを果たしたことになり、成功の経歴を築き始められるだろう。ただ、もし彼ではなく(アントニオ・)コンテがトップ4に入れば、少しばかり彼に非難の目が向くだろうね」


7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら