マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがエリク・テン・ハグ監督に発言した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。

タイトルに届かなかっただけでなく、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権も逃した今季のユナイテッド。来季からは今季もアヤックスをエールディビジ優勝に導き、再び常勝軍団に返り咲かせたテン・ハグ監督の下で再建を図る。

戦い方や戦力をいちから築きつつ、結果も追い求めていかなければならず、難しい仕事になるのが必至だが、C・ロナウドは期待感を抱いているようだ。クラブのインタビューで新体制について時間の必要性を説きつつ、心境を語った。

「彼がアヤックスでファンタスティックな仕事をやり遂げたことや、経験豊富な監督なのは知っている。でも、時間が必要だ」

「彼が望むやり方に変えていかないといけないんだ。彼がうまくいけば、マンチェスター・ユナイテッドの全体が成功することになるし、僕はそうなるよう願っている」

「僕らの誰もが喜び、ワクワクしているよ。選手だけじゃなく、ファンもね。来季こそタイトルが獲れると信じないとダメだ」

そう語るC・ロナウドだが、自身もチームが来季のCL出場権を逸したことで去就が注目の的に。ユナイテッドとの契約は1年延長オプションを除けば来季までだが、移籍の可能性も騒がれている。