ユベントスを退団する元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)に対して、同代表FWのアレッサンドロ・デル・ピエロ氏がメッセージを発信した。

今年8月の誕生日で38歳になろうとする今もユベントスの最終ラインで中心を担うキエッリーニ。11日に行われたコッパ・イタリア決勝のインテル戦終了後に今季限りでの退団を表明した。

カタール・ワールドカップ出場が叶わなかった代表からの引退に続き、公式戦550試合以上の出場数を誇るユベントスからの退団表明に惜しむ声があがるなか、元戦友も惜別の言葉を送った。

現役時代に代表だけでなく、ユベントスでもセリエB時代から苦楽を共にしたデル・ピエロ氏は自身のインスタグラムに思いを綴り、長年の貢献を労っている。

「君はフィールドに立つたびにユベントスのユニフォームを着る意味を示した。それも17年間にもわたってだ。私は君が少年時代にやって来てから、謙虚さと努力ですべてを勝ち獲る姿を目の当たりにしてきた」

「この色を夢見る者の模範だった。セリエBからスクデットまでを分かち合ったユベントスのファンとして、元同僚として、ジョルジョに感謝だ! スタジアムでの最後を楽しんで。きっと特別なものになるはず」