FAカップ決勝、チェルシーvsリバプールが14日にウェンブリー・スタジアムで行われ、0-0のまま120分間の戦いが終了。その後、PK戦を5-6で制したリバプールが2005–06シーズン以来、通算8度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
16 メンディ 6.5
ルイス・ディアスの決定機を阻むなど、120分間を通して安定したパフォーマンスを披露。PK戦では同胞マネのシュートをストップし、サドンデスに持ち込んだ

DF
14 チャロバー 5.5
ルイス・ディアスとのマッチアップで苦戦を強いられたが、以降は周囲の助けを借りながら大崩れせず

(→アスピリクエタ 5.5)
延長戦では危なげなくプレーもPK戦ではポストに当てて失敗

6 チアゴ・シウバ 6.5
序盤に足を痛めたが、120分間プレー。読みを利かせた鉄壁の守備に加え、安定した配球とさすがのパフォーマンスだった

2 リュディガー 6.0
守備ではソリッドな対応を見せたが、得意の持ち上がりや攻撃参加は限定的

MF
24 リース・ジェームズ 6.0
前半はチャロバーのサポートを意識して守勢に回ったが、後半以降は盛り返した

5 ジョルジーニョ 6.5
試合を通して球際でよく戦い、プレス回避や的確なパスでチャンスも演出。個人としては素晴らしいパフォーマンスだった

8 コバチッチ 6.0
左足首の負傷によって出場危ぶまれた中、何とか間に合わせてプレー。球際での身体を張った守備に加え、相手のプレスを剥がす得意の運びで局面を打開。後半半ばにピッチを退くまで攻守両面でよく戦った

(→カンテ 6.0)
負傷明けで途中出場。守備ではルイス・ディアスの突破を見事なタックルで阻止。攻撃では効果的な持ち上がりやランニングでの絡みを見せた

3 マルコス・アロンソ 6.0
クロスバー直撃の直接FKなど、最も決定機に関与。守備でも味方と連携しながらよく粘った

FW
19 マウント 5.5
中盤と前線の繋ぎ役として奮闘したが、徐々にトーンダウン。7人目を務めたPK戦ではアリソンに止められた

9 ルカク 5.5
リーグ2戦連発の好調を引っ提げて臨んだが、決定的な仕事はできず。ただ、前線での起点づくりやチャンスメークでは良い部分も出せた

(→ツィエク 5.5)
PK戦できっちり決めたが、流れの中ではもう少しチャンスに絡みたかった

10 プリシッチ 6.0
幾つかの決定機を決め切れなかったが、マルコス・アロンソと共に最も多くのチャンスに絡んだ

(→ロフタス=チーク -)
延長後半開始時に投入も負傷か、PK戦直前にINOUT

(→バークリー -)

監督
トゥヘル 5.5
2戦連続PK戦でリバプールに屈した。ただ、120分間の戦いでは守勢ながらも堂々と渡り合った

リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 アリソン 7.0
PK戦でマウントのシュートを見事に阻止し、チームを優勝に導いた。試合の中ではマルコス・アロンソやプリシッチの決定機を阻止

DF
66 アレクサンダー=アーノルド 6.5
守備での粘り強い対応に加え、前後半には圧巻のアウトサイドパスやクロスで味方の絶好機を演出した

5 コナテ 6.0
120分間を通して集中した対応を続けクリーンシートに大きく貢献

4 ファン・ダイク 6.0
ルカクらとの肉弾戦で奮闘。的確なクロス対応やカバーリングで相手攻撃陣を90分間の戦いで封じたが、コンディションを考慮してか珍しい途中交代に

(→マティプ 6.0)
延長戦から出場。難しい状況での投入ながらファーストプレーで見事なカバーリングを披露し、以降も安定感が際立った

26 ロバートソン 6.0
前半にジョタの決定機を演出も、後半に2度の決定機逸。勤続疲労の影響もあり、後半はリース・ジェームズとのマッチアップでやや苦戦

(→ツィミカス 5.5)
PK戦で決着を付ける値千金の一撃を決めた

MF
8 ナビ・ケイタ 6.0
中盤でインテンシティの高いプレーを継続。幾度かチャンスシーンにも絡んだ

(→ミルナー 6.0)
惜しいクロスでロバートソンの決定機を演出。ベテランらしく攻守にそつない仕事を見せた

14 ヘンダーソン 6.0
ファビーニョ不在の中で中盤のリスク管理を担う。守勢の時間帯もあったが、要所を締める守備に安定した配球を見せた

6 チアゴ 6.0
ここ最近の試合に比べて絶大な存在感を放つまでには至らなかったが、効果的な運びやメッセージを込めたパスでチャンスを演出。守備の強度も高かった

FW
11 サラー 5.5
チーム同様に良い入りを見せたが、前半30分過ぎに無念の負傷交代…

(→ジョタ 5.5)
エースの負傷を受けて緊急出動。良いところに顔を出したが、決め切るまでには至らず

10 マネ 6.0
PK戦での失敗を含め決定的な仕事はできなかったが、献身的な守備やチャンスメークでしっかりと存在感を放った

23 ルイス・ディアス 7.0
決め切ることはできなかったが、積極果敢な仕掛けでチームのほとんどの決定機に関与。EFLカップ決勝に続きチェルシー相手に印象的なパフォーマンスだった

(→フィルミノ 5.5)
負傷明けでのプレーとなったが、落ち着いたPKを含め及第点のパフォーマンス

監督
クロップ 6.5
サラーの負傷交代など誤算もあったが、勝負強さを発揮して自身初のFAカップ制覇。リバプールで獲得可能なタイトルをコンプリート

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
アリソン(リバプール)
EFLカップでは後輩ケレハーに主役の座を譲ったが、難敵相手のタフな一戦でさすがの存在感を発揮し、FAカップ制覇の立役者に。試合を通してハイレベルなパフォーマンスを続けた。

チェルシー 0-0(PK:5-6) リバプール