ミッドウィーク開催となった前節は昨季王者アトレティコ・マドリーのトップ4フィニッシュ、レバンテの2節を残しての降格が決定した。

残り2節となった今季のラ・リーガでは4位のセビージャ(勝ち点66)と、5位のベティス(勝ち点61)のアンダルシア勢によるチャンピオンズリーグ(CL)出場権争い、19位のアラベス(勝ち点33)から15位のヘタフェ(勝ち点38)までの5チームに絞られた残り2枠を巡る残留争いに注目が集まる。

前節、マジョルカ相手にホームでゴールレスドローに終わり、CL出場権獲得を決められなかったセビージャは、アトレティコとの上位対決に挑む。マジョルカ戦では守備的な相手に対して課題のアタッキングサードでの精度を欠き、ホームサポーターのブーイングを浴びる中での終戦となったロペテギ率いるチーム。

代わって3位に浮上したアトレティコ(勝ち点67)は、ホーム最終戦に加えてわずかながら2位フィニッシュの可能性が残されており、メンバーを落として戦う可能性は低い。そのため、今回の上位対決ではMFパプ・ゴメス、MFラメラの創造性、FWオカンポス、FWラファ・ミルらスピード・パワーを織り交ぜた攻撃で何とかホームチームの守備をこじ開けたい。

一方、コパ・デル・レイ決勝の再現カードとなったバレンシア戦をFWウィリアン・ジョゼら後半の3ゴールで勝ち切ったベティスは、逆転でのトップ4フィニッシュにわずかながら望みを繋いだ。当該成績で下回るため、逆転には2連勝且つセビージャの連敗が必須条件となるが、アトレティコのアシストを期待しつつ残留を争う16位のグラナダ(勝ち点37)相手のホーム最終戦をきっちり勝ち切りたい。そのグラナダはここに来て4戦無敗と好調を維持しており、古巣対戦のFWホルヘ・モリーナへの警戒は怠れない。

残留争いではMF久保建英を擁する18位のマジョルカ(勝ち点33)と12位のラージョ(勝ち点42)の対戦に注目だ。

前節、GKマノロ・レイナの試合最終盤のビッグセーブによって難所サンチェス・ピスフアンから勝ち点1を持ち帰ったアギーレ率いるチーム。前節、17位のカディス(勝ち点37)が敗れたことで、勝ち点を2ポイント差に縮めており、今節勝利できれば、カディスの相手がレアル・マドリーということもあり逆転も可能だ。

対戦相手のラージョはすでに残留を決めており、ヨーロッパコンペティション出場の可能性もないことから、このホーム最終戦では是が非でも勝ち点3を獲得したい。ただ、攻撃的に戦ったグラナダとの先日のホームゲームでは2-6の大敗を喫しており、カウンターを得意とするラージョ相手には攻守のバランスを意識した戦い方が必要。セビージャ戦の途中出場で幾度か鋭い仕掛けをみせ、指揮官からもまずまずの評価を与えられた久保はこの重要な一戦でチームを勝利に導く仕事ができるか。

その他の下位チームでは前述のようにカディスがレアル・マドリー、15位のヘタフェ(勝ち点38)が2位のバルセロナ(勝ち点38)、19位のアラベス(勝ち点31)がすでに降格が決まった最下位のレバンテ(勝ち点29)と対戦する。

前節、レアル・ソシエダに0-3で完敗したカディスは、レバンテ相手にFWヴィニシウスのキャリア初のハットトリックを含む容赦のない6-0の圧勝を飾った今季王者と対戦。中2日のアウェイゲームということもあり、大幅なターンオーバーが見込まれるが、厳しい戦いになることは間違いない。

直近の3試合連続ドローで着実に勝ち点を積み重ねてほぼ安全水域のヘタフェは、2位確定に向けて勝ち点3を狙うバルセロナと対戦。直近3連勝と息を吹き返すバルセロナは攻撃陣が再びパフォーマンスレベルを上げており、ヘタフェとしては[5-3-2]の守備的な戦いで耐える時間帯が長くなるはずだ。

また、今節勝ち点3を逃すと、降格の可能性が高まるアラベスは、プリメーラで最後のホームゲームを戦うレバンテという難しい相手との対戦となる。ただ、この試合に勝てれば、最終節でカディスとの直接対決を控えており、マジョルカの結果次第で奇跡の逆転残留を決めることができるかもしれない。

その他ではヨーロッパリーグ(EL)出場権を懸けた7位のビジャレアル (勝ち点56)と6位のソシエダ(勝ち点59)のシックス・ポインターも要注目のカードだ。

《ラ・リーガ第37節》
5/14(土)
エスパニョール 1-1 バレンシア

5/15(日)
《26:30》
アスレティック・ビルバオ vs オサスナ
アトレティコ・マドリー vs セビージャ
ベティス vs グラナダ
カディス vs レアル・マドリー
ヘタフェ vs バルセロナ
ビジャレアル vs レアル・ソシエダ
マジョルカ vs ラージョ
レバンテ vs アラベス
セルタ vs エルチェ