15日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第21節の3試合が各地で行われた。

味の素フィールド西が丘で行われた日テレ・東京ヴェルディベレーザvsマイナビ仙台レディースは、2-1でベレーザが勝利。宇津木瑠美がなでしこリーグ時代の2010年4月29日以来となる国内リーグでのゴールを決めている。

序盤からボールを保持するベレーザは池尻茉由のロングシュートでひやりとさせられたものの、主導権を握りながら8分に先制点を奪う。山本柚月の左サイド突破から相手を押し込み、二次攻撃を展開すると、藤野あおばの縦パスから追い越した清水梨紗が右サイドの深い位置からクロス。これが左のポストに当たってゴールに吸い込まれた。

リードして迎えた後半だったが、村松智子のバックパスが短くなり、古巣対戦となった宮澤ひなたに同点弾を許してしまう。以降は互いにゴールを奪えぬまま終盤を迎えると、勝負を決めたのは途中出場の元なでしこ戦士だった。

ベレーザは84分、清水の縦パスを受けた藤野がボックス右から右足のフィニッシュ。これはGKに阻まれるも、こぼれ球をいち早く反応した宇津木がすべり込みながら押し込んだ。

これが決勝点となり、ベレーザが2-1で勝利。ホーム最終戦を白星で飾っている。

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われたちふれASエルフェン埼玉vsジェフユナイテッド市原・千葉レディースでは、WEリーグで初となる退場者が出た。

12分にビルドアップのミスから祐村ひかるに先制点を献上した千葉レディースだったが、得意のセットプレーから逆転に成功。16分にはCKの二次攻撃から田中真理子のフリックを市瀬千里、23分には鴨川の完璧なFKクロスから田中真理子が沈めて前半を折り返した。

61分にも右CKからゾーンディフェンスの間に走り込んだ岸川奈津希が頭で合わせてリードを広げると、2分後には背後へ抜け出した千葉玲海菜が岸みのりのファウルを誘発。これが決定的な得点機会の阻止と判断され、岸にはレッドカードが提示された。

これで得たFKを鴨川が直接狙うと、クロスバーに当たった跳ね返りを城和怜奈が頭で押し込み、WEリーグ初ゴールを記録。大量点を奪った千葉レディースが4-1でエルフェン埼玉を退けている。

デンカビッグスワンスタジアムで開催されたアルビレックス新潟レディースvsサンフレッチェ広島レジーナは、両チームのトップスコアラーが本領を発揮。新潟レディースは道上彩花が、広島レジーナは上野真実がそれぞれ2得点を奪い、2-2の引き分けに終わった。

道上はこれでリーグ戦計8得点、上野は計10得点となり、得点ランキングトップに立つ三菱重工浦和レッズレディースの菅澤優衣香の12得点に迫っている。

5月14日(土)
AC長野パルセイロ・レディース 1-1 ノジマステラ神奈川相模原
INAC神戸レオネッサ 0-1 三菱重工浦和レッズレディース

5月15日(日)
日テレ・東京ヴェルディベレーザ 2-1 マイナビ仙台レディース
アルビレックス新潟レディース 2-2 サンフレッチェ広島レジーナ
ちふれASエルフェン埼玉 1-4 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

WE ACTION DAY(今節試合なし)
大宮アルディージャVENTUS

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら