スポルティングは16日、マンチェスター・シティからレンタルしているスペイン代表DFペドロ・ポロ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約は2025年6月までとなる。

ラージョ・バジェカーノやジローナの下部組織に在籍歴のあるポロは、2019年8月に1200万ユーロの移籍金でシティに加入。その足でバジャドリーへレンタル移籍し、ラ・リーガ13試合に出場した

ここ2シーズンはスポルティングでプレーしており、昨季は公式戦37試合で4ゴール2アシスト、今季は公式戦35試合で5ゴール7アシストを記録。右ウイングバックのレギュラーとして、昨季はリーグ戦、今季は国内カップのひとつであるタッサ・ダ・リーガ優勝に貢献した。

ポルトガルで目覚ましい活躍を披露するなかで、昨年8月にはスペイン代表デビューも果たしたポロ。この度スポルティングは850万ユーロ(約11億4800万円)の契約解除金を支払い、買い取りに踏み切った。

一方でシティは今後の成長を見越して2000万ユーロ(約27億円)の買い戻しオプションをつけることに。また、スポルティングとポロの間には4500万ユーロ(約60億円)の契約解除条項が設定されている。

ポロはスポルティング完全移籍に喜びのコメントを残した。

「とても嬉しいよ。最初から素晴らしいクラブに来たんだということはわかっていたけど、この2年間でこれほどユニークな成果を生み出すとは思ってなかったよ」