トッテナムがスタッド・レンヌのフランス人FWマルタン・テリエ(25)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『フット・メルカート』が報じている。

今週末の最終節を残してトップ4フィニッシュに大きく近づくトッテナム。これにより、アントニオ・コンテ監督の続投と共にチャンピオンズリーグ(CL)との二足の草鞋に向けた積極補強の可能性が取り沙汰される。

そういった中、オランダ代表FWステーフェン・ベルフワインの退団が濃厚となり、さらに手薄な前線の補強候補として、先日のフランス・全国プロサッカー選手連合(UNFP)の年間表彰でリーグ・アンのベストイレブンに輝いた快足FWへの関心を強めているようだ。

リールの下部組織出身のテリエは2016年にトップチームデビュー。レンタル先のストラスブールでブレイクを果たすと、2018年夏にリヨンへ正式加入。左ウイングを主戦場に、公式戦77試合17ゴールの数字を残したが、多士済々のアタッカーが揃う中、メインキャストを担うことはできなかった。そして、2020年夏に総額1500万ユーロ(約20億4000万円)の移籍金でレンヌへ5年契約で完全移籍していた。

そのレンヌでは加入2年目となった今シーズン、ブルーノ・ジェネジオ監督の下でストライカーとしての才能が完全に開花。左ウイングと2トップの一角でプレーした中、シーズン終盤戦で7試合連続ゴールを記録するなど、リーグ戦36試合の出場でキャリアハイの21ゴールを記録。

この活躍を受け、フランス代表のレジェンドであるティエリ・アンリ氏は、カタール・ワールドカップに向けて同選手を招集すべきと主張するなど以下のように絶賛していた。

「我々は彼がやってきたことより少ない数字で、他のプレーヤーがフランス代表や他の代表チームに、招集されるのを見てきた。もし彼が代表に選ばれたとしても、それに値しないと思うことはない」

「私はこのプレーヤーがとても好きだ。いずれにせよ、まだ終わっていないとはいえ、今シーズンの活躍を称えよう」

プレミアリーグへの順応は未知数だが、左右のウイングにセンターフォワードでもプレー可能なユーティリティー性、リーグ・アンでもトップクラスのスピードを生かした突破力。加えて、多彩さを増すフィニッシュワークという特長を考えれば、前線のバックアップや攻撃的なウイングバックを探すトッテナムの補強ポイントに合致したプロフィールの持ち主と言える。

鎌田大地&長谷部誠所属のフランクフルトがドイツ勢初のEL制覇に挑む!
WOWOWにて生放送・ライブ配信!
>>無料トライアルはこちら