日本代表MF南野拓実が、久々の出番での勝利を喜んだ。

17日、プレミアリーグ第37節でリバプールはサウサンプトンと対戦。4冠を目指すチームとしては負けられない一戦だった。

EFLカップ(カラバオカップ)、FAカップを制し、チャンピオンズリーグ(CL)も決勝に駒を進めているリバプール。クラブは充実したシーズンとなっているが、南野は苦しい立場に立たされていた。

リーグ戦では12試合ぶりに出場機会を得た南野。リバプールの選手としては、2020年12月19日以来、およそ1年半ぶりのプレミアリーグでの先発出場となった。

その南野は1-0とビハインドで迎えた27分、右サイドからジョー・ゴメスがアーリークロス。これをジオゴ・ジョタがボックス内で収め、動き出した南野へパス。ボックス内右で受けた南野が持ち出して右足一閃。これがニアサイドを打ち抜き、同点ゴールを決めた。

なお、試合はその後にジョエル・マティプもゴールを決め、1-2でリバプールが逆転勝利を収めた。

南野は試合後にインスタグラムを更新。「Big 3 points」と、逆転優勝に向けて大き過ぎる勝ち点3獲得に貢献したことを報告した。

この投稿には、チームメイトのDFコンスタンティノス・ツィミカスが「Big player」と反応すると、FWルイス・ディアスも拍手の絵文字を送った。

また、日本代表のチームメイトでもある守田英正は「KING」とコメント。遠藤航も炎の絵文字を送り、宮市亮も拍手の絵文字を送った。

今シーズンはカップ戦で活躍しながらも決勝ではどちらも出番をもらえず、リーグ戦でも冬以降はほとんど出番がなかった中での一撃は、多くの人の心を揺さぶったようだ。



鎌田大地&長谷部誠所属のフランクフルトがドイツ勢初のEL制覇に挑む!
WOWOWにて生放送・ライブ配信!
>>無料トライアルはこちら