リバプールの日本代表FW南野拓実に現地メディアも高評価を与えている。

リバプールは17日、プレミアリーグ第37節でサウサンプトンと対戦。先週末に行われたチェルシーとのFAカップ決勝をPK戦の末に勝ち切ったチームは、逆転でのリーグ優勝に望みを繋ぐべく、メンバーを大きく変更してこの一戦に臨んだ。

南野は3トップの一角で先発出場。リバプールの選手としては、2020年12月19日以来、およそ1年半ぶりのプレミアリーグでの先発となった。

試合は、サウサンプトンに先制を許す苦しい展開になるも、1-0とビハインドで迎えた27分、右サイドからジョー・ゴメスがアーリークロス。これをジオゴ・ジョタがボックス内で収め、動き出した南野へパス。ボックス内右で受けた南野が持ち出して右足一閃。これがGKのニアサイドを打ち抜き、同点ゴールを決めた。

なお、試合はその後にジョエル・マティプもゴールを決め、1-2でリバプールが逆転勝利を収めた。

首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を1ポイントに縮めたリバプールの選手には軒並み高評価が与えられるなか、イギリス『リバプール・エコー』は南野に7点(10点満点)の評価。「同点に追いつきたい一心で、力強いフィニッシュを決めた」と評価したものの「チームメイトの邪魔をしたことも一度や二度ではなかった」とポジショニングについては改善を要求した。

また、イギリス『90min』も7点(10点満点)の採点とともに「前半は力強くフィニッシュ。常にハードワークし、何度もいいタッチをしていた」と評価した。

この得点で今シーズンのゴール数を「10」まで伸ばし、二桁に到達させた南野。限られた出場機会の中でしっかりと結果を残している。



鎌田大地&長谷部誠所属のフランクフルトがドイツ勢初のEL制覇に挑む!
WOWOWにて生放送・ライブ配信!
>>無料トライアルはこちら