17日、シント=トロイデンに所属する日本代表DF橋岡大樹が23歳の誕生日を迎えた。

2021年1月に浦和レッズからシント=トロイデンにレンタルで加入し、今シーズンからは完全移籍に移行した橋岡。シーズンを通してジュピラー・プロ・リーグ30試合に出場して4アシストと右サイドバックの主力としてプレーした。

バースデーの橋岡には、所属元のシント=トロイデンやJリーグの公式ツイッターなど関係各所からお祝いのメッセージが届いていたが、ムードメーカー的存在でもある橋岡にはいじりながらの祝福も多く届いた。

その1つが、以前から仲の良い日本代表MF久保建英(マジョルカ)からのもの。久保はインスタグラムのストーリーズを更新すると、「お誕生日おめでとう」とストレートに祝福したものの、なぜか写真には大荷物で後姿の橋岡をチョイス。「いつも荷物持ってくれてありがとね!」といじりを忘れなかった。

一方の橋岡も「ありがとう」と感謝しつつ、「何で歳下に荷物持たされてるん。」と自問するようにツッコんでいた。

単純な祝福で終わらないあたり、相当が気心が知れていそうな2人。その関係性には、ファンからも「ストーリー全部面白い」、「久保くん流 橋岡くんの扱い方」、「めちゃくちゃツンデレじゃん大好きなくせに〜」といった反応が寄せられている。



鎌田大地&長谷部誠所属のフランクフルトがドイツ勢初のEL制覇に挑む!
WOWOWにて生放送・ライブ配信!
>>無料トライアルはこちら