21日、第102回天皇杯1回戦の9試合が各地で行われた。

前田俊介監督率いる沖縄SVはFC今治と対戦。前半のアディショナルタイムに中川風希のゴールで先制を許したものの、後半セットプレーを中心に一挙4点を奪っての逆転勝利を収めた。また、元日本代表FWの髙原直泰も65分からピッチに立っている。

松本山雅FCは金沢代表の北陸大学と対戦。榎本樹、田中パウロ淳一のゴールで2点を先行したが、前半のうちに1点を返されると、59分にも失点を喫する。だが、直後に田中パウロの得点で再び勝ち越すと、そのまま逃げ切り。3-2で勝利を収め、苦しみながらも次のステージへ駒を進めた。

福島ユナイテッドは初出場のノースアジア大学と顔を合わせた。開始1分に高橋潤哉が大量点の口火を切ると、前半だけでハットトリックを達成し、計4点を奪取。7-1の圧勝で、秋田県代表を退けている。

中京大学と対戦したFC岐阜は追い掛ける展開を余儀なくされた。15分に先制を許すと、39分に石津大介の得点で追い付いたものの、66分に再びリードを奪われる。だが、75分にオウンゴールで再度試合を振り出しに戻すと、84分に途中出場のンドカ・チャールスが決めて勝負あり。逆転勝利で2回戦進出を果たしている。

その他の結果は以下の通り。

◆1回戦
5月21日(土)
[1]札幌大学(北海道代表) 1-0 山梨学院大学PEGASUS(山梨県代表)
[2]ヴェルフェ矢板(栃木県代表) 7-0 長井クラブ(山形県代表)
[3]松本山雅FC 3-2 北陸大学(石川県代表)
[4]FC今治 1-4 沖縄SV(沖縄県代表)
[8]FC岐阜 3-2 中京大学(愛知県代表)
[11]アルテリーヴォ和歌山(和歌山県代表) 2-4 関西大学(大阪府代表)
[22]福島ユナイテッドFC 7-1 ノースアジア大学(秋田県代表)
[23]ホンダロックSC(宮崎県代表) 3-0 マリーゴールド熊本(熊本県代表)
[24]ソニー仙台FC(宮城県代表) 3-1 東京国際大学FC(埼玉県代表)

5月22日(日)
[5]上武大学(群馬県代表) vs 富士大学(岩手県代表)
[6]鹿児島ユナイテッドFC vs ギラヴァンツ北九州
[7]ヴァンラーレ八戸 vs 新潟医療福祉大学(新潟県代表)
[9]MD長崎(長崎県代表) vs FC神楽しまね(島根県代表)
[10]福井ユナイテッドFC(福井県代表) vs 同志社大学(京都府代表)
[12]奈良クラブ(奈良県代表) vs Honda FC(アマチュアシード)
[13]鈴鹿ポイントゲッターズ(三重県代表) vs Cento Cuore HARIMA(兵庫県代表)
[14]高松大学(香川県代表) vs 周南公立大学(山口県代表)
[15]Brew KASHIMA(佐賀県代表) vs 高知ユナイテッドSC(高知県代表)
[16]ガイナーレ鳥取 vs ヴェルスパ大分(大分県代表)
[17]桐蔭横浜大学(神奈川県代表) vs 立正大学(東京都代表)
[18]MIOびわこ滋賀(滋賀県代表) vs 環太平洋大学(岡山県代表)
[19]カターレ富山 vs 藤枝MYFC
[20]筑波大学(茨城県代表) vs ブリオベッカ浦安(千葉県代表)
[21]福山シティFC(広島県代表) vs FC徳島(徳島県代表)


7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら