大宮アルディージャは22日、ベガルタ仙台戦でのトラブルについて報告した。

21日、明治安田生命J2リーグ第17節の大宮vs仙台が大宮のホームNACK5スタジアム大宮で行われた。

昇格を目指しながらも下位に低迷している大宮と、1年でのJ1復帰を目指す首位・仙台の一戦に。試合は、首位の仙台が強さを見せつけ2-4で勝利を収めていた。

首位をキープした仙台だったが、敗れた大宮サポーターが試合後に愚行。相手サポーターに暴力を振るうという事態が起きていた。

大宮は事件について謝罪声明を発表している。

「2022明治安田生命J2リーグ第17節・ベガルタ仙台戦の試合後に、大宮アルディージャサポーターがビジターサポーターゾーンへ侵入し暴力を振るうという、あってはならない行為が発生しました」

「ホームクラブとして、当日ご来場いただいたすべての皆さま、多くの方々にご迷惑とご心配をお掛けしたことについて、お詫び申し上げます」

「本事案については、両クラブおよびマッチコミッショナー立会いのもと行為者が謝罪を行ったことで、当事者間で和解に至っております」

「クラブとして、今回発生した行為を重大に受け止め、二度と同様のことが生じないよう、行為者に対して経緯、行為を含め事実確認を行った上で、規定に準じて厳正に対処いたします」

「大宮アルディージャは、いかなる理由があったとしても、暴力行為は決して許されるものではないという認識のもと、安心、安全で快適なスタジアムづくりに引き続き取り組んでまいります」

また、被害を受けた仙台も声明を発表。仙台サポーターにも新型コロナウイルスのガイドラインに抵触する行為があったことを謝罪した。

「5月21日(土) NACK5スタジアム大宮で開催された、明治安田生命J2リーグ 第17節 大宮アルディージャ戦におきまして、試合後にサポーター間のトラブルが発生いたしました」

「当日ご来場いただいたすべてのみなさまをはじめ、ファン、サポーター、両クラブの関係者のみなさまにご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした」

「また、当該試合におきまして、当クラブサポーターによる新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに抵触する行為があったことを認識しております。同試合にご来場のお客さまに不快な思いをさせたことについても重ねてお詫び申し上げます」

「当クラブでは今回のトラブルを真摯に受け止め、当クラブサポーターへ指導を行います。今後も再発防止の徹底、安心、安全で快適なスタジアムづくりに向けて取り組んでまいります」

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら