プレミアリーグ最終節、ノリッジ・シティvsトッテナムが22日にキャロウ・ロードで行われ、アウェイのトッテナムが0-5で圧勝した。

直近のリーグ2連勝によってアーセナル(勝ち点66)を抜き、土壇場でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に浮上したトッテナム(勝ち点68)。引き分け以上で自力でのトップ4フィニッシュが決定するコンテ率いるチームは、すでに降格が決定している最下位のノリッジ(勝ち点22)とのアウェイゲームに臨んだ。

コンテ監督はこの重要な今季最終戦に1-0で競り勝った前節のバーンリー戦から先発1人を変更。ルーカス・モウラに代えてクルゼフスキを起用した以外、同じメンバーを継続。ウイルス性の胃腸炎がチーム内に蔓延していた中、一時出場が危ぶまれたケインも無事スタメンに名を連ねた。

プレミアリーグへの名残惜しさを見せるホームチームがアグレッシブな入りを見せた中、トッテナムが得意のカウンターで早い時間帯に決定機を創出する。8分、相手セットプレーを撥ね返してのカウンターからクルゼフスキが右サイドのスペースに抜け出す。そのままDFを振り切ってボックス内に侵入しマイナスに折り返すと、これを収めたホイビュルクが冷静に右足のシュートを狙うが、枠を捉え切れない。

この絶好機を逸したトッテナムだったが、以降も良いリズムで相手を押し込んでいく。すると、今冬にユベントスから加入し、チームを一段階上のレベルに押し上げた頼れる助っ人2選手が大きな仕事を果たす。

16分、自陣中央でボールを持ったホイビュルクからのフィードに3列目からの飛び出しで反応したベンタンクールがそのままフリーでボックス左に侵入。冷静に右足アウトで中へ折り返すと、これをクルゼフスキが左足で左隅に流し込んだ。

引き分けでも4位フィニッシュを決められる中で大きな先制点を手にしたトッテナムだが、落ち着くことなく果敢に2点目を狙う。その一方で、22分には不用意な自陣でのロストからラシツァに枠のわずか左に外れる際どいシュートを打たれて肝を冷やす。

その後はやや膠着状態がしばらく続いたが、相手のミスを突いてエースに貴重な2点目が生まれる。32分、相手が自陣でのスローインの流れからGKクルルにバックパスを入れたところでクルゼフスキがプレッシャーをかけてキックミスを誘発。これをボックス手前右でカットしたベンタンクールがすかさずクロスを入れると、ボックス中央のケインが無人のゴールへヘディングシュートを流し込んだ。

これで開始直後の緊張感も和らいだトッテナムは、リスクを管理しながら畳みかける攻めで一気に勝負を決めにかかる。前半終了間際にはベン・デイビスの意表を突くミドルシュート、ケインのヘディングシュートで3点目に迫ったが、ここは相手GKクルルの好守に阻まれた。

プレッシャーがかかる敵地での一戦を2点リードで折り返したトッテナムは、失うものがないホームチームに押し返される立ち上がりとなる。

それでも、冷静に相手の攻勢を凌ぐと、55分にはボックス左でケインからラストパスを受けたソン・フンミンに決定機。だが、左足の鋭いシュートはGKクルルのビッグセーブに遭う。さらに、60分には右サイド深くでケインが入れた高精度のクロスにソン・フンミンが完璧なタイミングで飛び込むが、至近距離からのシュートは再びクルルの驚異的な反応にはじき出される。

韓国代表FWが2度の決定機を逸した中、再び大きな仕事を果たしたのはスウェーデン代表MF。64分、ケインのスルーパスに抜け出したクルゼフスキはボックス右でDFをかわして左足を振り抜くと、絶妙なコントロールシュートがゴール左上隅を射抜いた。

これで勝利をほぼ確実なものとしたトッテナムは、もう一つの目標であるソン・フンミンの得点王獲得へ攻撃のギアを上げていく。そして、殊勲のクルゼフスキを下げて投入したルーカスがその目標達成の上で重要な役割を果たすことに。

70分、ペナルティアーク付近でケインからの足元へのグラウンダーパスを絶妙なフリックでゴール前に流すと、これに反応したソン・フンミンが冷静にゴール右下隅へシュートを流し込み、得点ランキングトップタイの22点目に到達する。

さらに、ベンタンクール、エメルソンを下げて今季限りでの退団も噂されるウィンクス、ベルフワインを投入した直後の75分には韓国代表FWに2点目が生まれる。相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのルーカスが入れたクロスのこぼれを回収したソン・フンミンがボックス手前から右足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に決まった。

これで最終戦での目標をすべてコンプリートしたアウェイチームは、危なげなく相手の反撃を凌ぎ切り5-0の完封勝ち。自力で来季のCL出場権を獲得となる4位フィニッシュに成功した。

なお、同時刻開催の試合でリバプールFWモハメド・サラーが1ゴールを挙げたため、単独でのタイトルとはならなかったものの、今季23ゴールのソン・フンミンがアジア人初となる得点王に輝いた。

いよいよクライマックス!
CL決勝「リヴァプールvsレアル・マドリード」
5/29(日)午前3時〜WOWOWで生放送・ライブ配信!
>>無料トライアルはこちら