ラ・リーガ最終節、レアル・ソシエダvsアトレティコ・マドリーが22日にアノエタで行われ、アウェイのアトレティコが1-2で勝利した。

勝利で3位確定を目指すアトレティコ(勝ち点68)は、6位フィニッシュが確定しているソシエダ(勝ち点62)とのアウェイゲームに臨んだ。シメオネ監督はこの一戦に向け、ルイス・スアレスとマテウス・クーニャを入れ替えた以外、同じメンバーで臨んだ。

立ち上がりからホームのソシエダがイサク、セルロートの2トップを起点に良い形の仕掛けを見せていく。安定したボールポゼッションに加え、守備の局面でも切り替えの精度、連動したプレスでアウェイチームに自由を与えない。

決定機まであと一歩という状況が続くも、30分には右サイドから強引に内へ仕掛けたセルロートがカットインからシュート。GKオブラクが前にはじいたボールをラフィーニャが押し込みにかかるが、このシュートは右ポストを叩いた。

前半半ばから終盤にかけてもホームチームの時間帯が続いたが、ラフィーニャがボックス付近での2度の決定機でシュートを枠に飛ばすことができず、ゴールレスでの折り返しとなった。

前半シュート0と低調なパフォーマンスに終始したアトレティコだったが、ハーフタイムに闘将から強烈な檄が飛んだのか、後半はアグレッシブな入りを見せる。

キックオフ直後にクーニャ、デ・パウルと続けてシュートを放つと、50分にはコンドグビアの球際の粘りからボックス手前でグリーズマンの落としに反応したデ・パウルが右足を一閃。強烈なシュートがゴール左隅を射抜いた。

前半の守勢を耐え抜き勝負所で決め切る、らしい戦いぶりでリードを手にしたシメオネのチームは、直後の56分にもカラスコのチャンスメークからグリーズマンに追加点のチャンスが訪れるなど、完全に試合のペースを掴む。

その後、63分には互いにこの試合で初めて交代カードを切った中、アトレティコの采配が試合を動かした。69分、セットプレーの二次攻撃からカラスコがボックス内へ入れた縦パスをゴールを背にしたコケが丁寧にマイナスに落とすと、前向きな状態でサポートに入ったアンヘル・コレアが絶妙な右足のダイレクトシュートを右隅へ突き刺した。
これで勝利に大きく近づいたアウェイチームは試合終盤にグリーズマン、デ・パウルを下げてスアレス、レマルの投入で試合をクローズにかかる。

後半アディショナルタイムにはDFフェリペのハンドで与えたペナルティアーク付近でのFKの場面で、キッカーのヤヌザイのシュートはGKオブラクがファインセーブで防いだものの、こぼれ球をグリディに頭で押し込まれて1点を返される。それでも、リードをきっちり守り切り1-2の勝利。今季最終戦を白星で飾り、自力での3位フィニッシュを決めた。

また、同日行われたセビージャvsアスレティック・ビルバオは、ホームのセビージャが1-0で勝利した。

逆転でのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場権獲得を目指す8位のアスレティック(勝ち点55)と、同じく逆転での3位フィニッシュを目指す4位のセビージャ(勝ち点67)による上位対決。

試合はホームのセビージャが優勢な入りを見せると、10分には左サイド深くでアクーニャが入れたクロスをゴール前に飛び込んだラメラが頭で合わすが、これは惜しくも右ポストを叩く。

以降はボールを握って押し込むセビージャ、カウンターで応戦するアスレティックという構図の下で一進一退の攻防が続く。27分にはボックス手前で強引に仕掛けたユーリのシュートがゴールネットを揺らすが、オンフィールドレビューの結果、トラップ際のハンドを取られてアウェイチームの先制点は認められず。

その後は球際でのバトルが強調され、両チームの選手がヒートアップする場面も散見。その中でアスレティックがよりゴールに迫るが、ボックス内に持ち込んだベレンゲルのシュートが枠を外れるなど、決め切るまでには至らなかった。

ゴールレスで迎えた後半はイニャキ・ウィリアムズのポスト直撃のシュート、VARのレビューでオフサイドとなったレキクの幻のゴールと互いに決定機を作り合うオープンに入りに。

以降はセビージャペースで試合が進むと、途中出場のラファ・ミルが決定的な仕事を果たす。68分、ラメラの絶妙なスルーパスでオフサイドラインを破ったラファ・ミルがボックス内に持ち込み、ニア下を狙ったシュートでGKとの一対一を冷静に制した。

その後は交代カードを切りながら危なげなく時計を進めたセビージャが、アスレティックの攻撃をクリーンシートで凌ぎ切り、得意のウノセロ勝利。直近4試合連続ドローと勝ち切れない状況が続いた中、ホーム最終戦で5試合ぶりの白星を飾った。

いよいよクライマックス!
CL決勝「リヴァプールvsレアル・マドリード」
5/29(日)午前3時〜WOWOWで生放送・ライブ配信!
>>無料トライアルはこちら