FC今治は26日、セレッソ大阪のGK茂木秀(23)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。

背番号は「21」。期限付き移籍期間は2022年5月26日から2023年1月31日までとなる。

なお、今回の期限付き移籍GK選手の負傷に伴う、登録ウインドーの適用例外に関する申請に。GK滝本晴彦が今季絶望となる重傷を負っていた。

茂木は桐光学園高校から2017年にC大阪へと入団。2021年はFC町田ゼルビア、今シーズンは水戸ホーリーホックへ期限付き移籍していた。

今シーズンは水戸で明治安田生命J2リーグで5試合に出場していた。

茂木はクラブを通じてコメントしている。

◆FC今治
「FC今治のみなさん、はじめまして。水戸ホーリーホックから加入することになりました茂木秀です」

「僕自身強い覚悟を持ってきたのでそれをチームに還元できれば嬉しく思います。J2昇格へ向けて共に戦いましょう!」

◆水戸ホーリーホック
「シーズン途中ではありますが、FC今治に移籍することになりました。僕自身もっと成長するために今回の決断に至りました」

「水戸ホーリーホックにはたくさんのいい経験をさせてもらい、本当に好きなクラブになりました。またいつかプレーできる日を楽しみにしています」

「チームは今波にのっていてJ1昇格が見えてきていると思うので、是非J1へいけるように応援しています!」

「水戸ホーリーホックのファン・サポーターの皆さん、短い間でしたが温かい声援、サポートありがとうございました」

◆セレッソ大阪
「水戸ホーリーホックからFC今治へ移籍することになりました。成長する姿を見せたいと思うのでこれからも応援よろしくお願いします」

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら