移籍の噂が浮上しているリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネが、去就について口を濁した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

2016年夏にサウサンプトンからリバプールに加入したマネ。公式戦50試合に出場してEFLカップ(カラバオカップ)やFAカップの優勝に貢献した今季を含め、ここまで公式戦通算268試合120ゴール48アシストの成績を残しており、チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグ、クラブ・ワールドカップ(CWC)など、あらゆるタイトルを手にしてきた。

今季はセンターフォワードとして新境地を開拓。ユルゲン・クロップ監督にとって今なお欠かせない選手だが、クラブの契約は来夏までとなっていながら、契約交渉は進展せず。今夏にはバイエルンが獲得に動くと報じられるなど、去就は不透明な状況だ。

リバプールとマネは現在28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリー戦に向けて準備を進めているが、『スカイ・スポーツ』から去就について問われたマネは明言を避け、CL決勝後に明らかにすると語った。

「自分の将来の質問については、CL決勝が終わった後で答えるよ。このクラブに残るのか、残らないのかについては、すべてCLの後だ」

なお、マネと同じく契約が来夏までとなっていながら契約交渉が難航しているエジプト代表FWモハメド・サラーだが、こちらは去就について「来シーズンは確実にチームに残る」と発言しており、両エースで対応が異なっている。

いよいよクライマックス!
CL決勝「リヴァプールvsレアル・マドリード」
5/29(日)午前3時〜WOWOWで生放送・ライブ配信!
>>無料トライアルはこちら