ミランのデンマーク代表DFシモン・ケアーは、新シーズンの開幕に間に合うようだ。同選手の代理人が明かした。

ケアーは12月1日に行われたセリエA第15節のジェノア戦でヒザを負傷。同3日に前十字じん帯と内側側副じん帯の手術が行われ、長期離脱を余儀なくされた。

1日でも早い復帰が望まれるなか、代理人のミッケル・ベック氏はイタリア『SerieANews.com』のインタビューでケアーの現状を明かした。

「シモンは元気だし、とても幸せだ。チームメイトが今シーズン達成したことを誇りに思っている」

「ミランと契約し、タイトルを獲得することはシモンにとって夢だった。スクデットの獲得は彼のキャリアの中でも最高の瞬間の一つだね」

「シモンはステファノ・ピオリ監督と素晴らしい関係を築いている。彼はシモンの能力を最大限に引き出してくれた。そして、ミランで最も重要な選手の一人となり、リーダーの一人として戻ってくるだろう。来シーズンの開幕から出場できるはずだ」

いよいよクライマックス!
CL決勝「リヴァプールvsレアル・マドリード」
5/29(日)午前3時〜WOWOWで生放送・ライブ配信!
>>無料トライアルはこちら