サンフレッチェ広島は27日、新たに選手1名の新型コロナウイルス感染を報告した。

当該選手は26日に受けたクラブ独自のPCR検査で陽性反応。倦怠感の症状が出ているものの、適切な対策の下で療養中で、クラブ関係者に濃厚接触者はいないという。

また、PCR検査で陽性判定が下った者や濃厚接触者を除く選手とスタッフで本日27日にJリーグ公式の抗原検査を実施したところ、全員の陰性が確認されたようだ。

これを受け、保健所の確認を経て、本日から活動を再開。28日にホームで予定するJ1リーグ第16節の名古屋グランパス戦も開催に向け、準備を進めるとのことだ。

広島では最近、選手とスタッフの複数名が陽性診断を受けて、25日に敵地で行われる予定だった明治安田生命J1リーグ第15節のガンバ大阪戦が中止となっていた。

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら