サンフレッチェ広島は27日、28日に予定されている明治安田生命J1リーグ第16節の名古屋グランパス戦について発表した。

広島では、24日に選手2名、25日選手2名とスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の抗原検査で陽性判定を受けており、同日開催のガンバ大阪戦が中止となっていた。

その後、PCR検査の結果により陰性だったことが確認されていた。

しかし、27日に新たに選手1名が陽性に。それでも保健所の確認をえて、活動を再開していた。

28日に予定されている名古屋戦に関しては、保健所の確認の上で試合を開催すると決定。抗原検査を試合前に行い、陰性だった選手のみで行われるという。

連日クラブ内で陽性者が出ている中で活動再開となった広島。好調を維持していただけに、これ以上拡大しないことを願うばかりだ。

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら