明治安田生命J1リーグ第16節、柏レイソルvs清水エスパルスが29日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、3-1で柏が勝利した。

4位柏(勝ち点24)と16位清水(勝ち点13)の一戦。前節の柏は、序盤で退場者を出した北海道コンサドーレ札幌を相手に6ゴールの大勝を挙げ、4試合ぶりの白星を手にした。対する清水はここまで2勝で、前節はFC東京に3失点の完敗。

前節からスタメンを3人変更した清水に対し、同じ11人を揃えた柏が序盤から攻勢に出る展開に。3分に細谷がドリブルから初シュートを放てば、7分には敵陣でのボール奪取からカウンターを発動し、小屋松がGK権田を強襲する。

そんな柏が13分に押し切る。左サイドから横パスをつなぎ、戸島からボックス手前のマテウス・サヴィオへ。マテウス・サヴィオはキックフェイントを入れつつ、左へスライドしながら左足を一閃。鋭いシュートがゴール左上に突き刺さった。

幸先よく先制したホームチームは、その後もボールを保持しながら試合を進める。だが、清水も15分にチアゴ・サンタナのヘディングシュートで好機。23分には、右CKを上島が頭で折り返したボールが右ポストに。跳ね返りに椎橋が反応するも、こちらもポストに嫌われた。

肝を冷やした柏だったが、ここからさらにパスのギアを上げて清水の守備をかく乱していく。すると39分、左サイドのハーフウェイライン付近で一度ボールを奪われたところを素早く奪い返し、古賀がすかさず前線へスルーパスを供給。これをDFの間で受けた細谷がワンタッチでボックス左に抜け出し、丁寧なシュートをゴール右下に流し込んだ。

2点ビハインドで折り返した清水は、後半から西澤と中山を下げて松岡とベンジャミン・コロリを投入。するとそのコロリは54分、味方のパスからボックス右に侵入し、GKの位置を見てループシュートを放つ。

この交代で流れをつかみたい清水だが、柏が強かに得点を重ねる。58分、左CKのシーンでショートコーナーから小屋松が右足でクロスを供給。ボックス右の上島が頭で折り返し、ゴール前の細谷が落としたところを大南が右足で流し込んだ。

これで一気に苦しくなった清水。直後にチアゴ・サンタナと岸本を下げてオ・セフンと片山を投入し手を尽くす。するとその4分後の64分、最終ラインの鈴木義宜がボックス右へ対角に蹴り込んだボールに片山が反応。胸トラップで前を向き、三丸と肩で競り合いながら右足を振り抜いてゴールを決めた。

縦パス一本で1点を返した清水は、72分にも今度は右サイドバックの片山からボックス左へロングボールが入ると、走り込んだオ・セフンが胸トラップからシュートへ。ここはGKに止められたが、似た形から決定機を迎えた。

さらに、80分にも片山の精度の高いロングボールがボックス中央へ走り込む後藤に通る。後藤は柔らかいトラップからスムーズにシュートへ繋げたが、ここはスライディングブロックとGKの2枚の壁に阻まれ、こぼれ球も上手く押し込むことができなかった。
その後は細谷や小屋松らを下げながら試合をコントロールした柏が2点差をキープしたまま勝利。2連勝を収めた。

柏レイソル 3-1 清水エスパルス
【柏】
マテウス・サヴィオ(前13)
細谷真大(前39)
大南拓磨(後13)
【清水】
片山瑛一(後19)

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら