2021-22シーズンのプレミアリーグが全日程を消化しました。そこで本稿では今シーズンのベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆プレミアリーグベストイレブン
GK:アリソン
DF:アレクサンダー=アーノルド、ファン・ダイク、ルベン・ディアス、ククレジャ
MF:デ・ブライネ、ロドリ、ベルナルド・シウバ
FW:サラー、フォーデン、ソン・フンミン

GKアリソン(29歳/リバプール)
出場試合数:35(先発回数:36)/失点数:24/出場時間:3240分Getty Images
今季のプレミアリーグでは、シティのエデルソンとともにゴールデングローブを受賞したアリソン。年々ハイレベルになっていく優勝争いにおいて、2人のブラジル代表GKは鎬を削り合ってきた。今季も失点数ではアリソンが「24」、エデルソンが「26」、クリーンシートは同じ20試合と、甲乙付け難いスコアとなったが、直接対決で好セーブの印象が強かったアリソンを今回は選出した。

DFトレント・アレクサンダー=アーノルド(23歳/リバプール)
出場試合数:32(先発回数:32)/2ゴール12アシスト/出場時間:2854分Getty Images
若くして史上最高の右SBに上り詰めたアレクサンダー=アーノルドが今季もベストイレブン入り。アシスト数では自己最多の19-20シーズンにはひとつ及ばなかったが、今季はシティ戦やチェルシー戦、アーセナル戦などのビッグマッチで結果を残すことが多く、プレースキックの精度も相変わらず高かった。一方で、守備面ではまだまだ伸び代を感じさせるシーズンとなった。

DFヴィルヒル・ファン・ダイク(30歳/リバプール)
出場試合数:34(先発回数:34)/3ゴール4アシスト/出場時間:3060分Getty Images
昨季は右ヒザじん帯損傷でシーズンの大半を治療に費やす悔しい思いをしたファン・ダイクが完全復活。開幕当初は「まだ道半ば」と、負傷前のレベルには至っていないと謙虚な姿勢を見せていたが、やはりそこはファン・ダイク。もはやどんなFWも寄せ付けない卓越した守備で、出場した34試合中21試合で無失点を記録した。

DFルベン・ディアス(25歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:29(先発回数:27)/2ゴール4アシスト/出場時間:2402分Getty Images
昨季のプレミアリーグ初挑戦で年間最優秀選手に選ばれたルベン・ディアスは、今季も安定したパフォーマンスでシチズンズの守備を固めた。また、加入2年目にしてキャプテンも任されるなどリーダーシップも発揮。今後もさらなる活躍が期待されている。

DFマルク・ククレジャ(23歳/ブライトン)
出場試合数:35(先発回数:35)/1ゴール1アシスト/出場時間:3092分Getty Images
トップ4以外のチームでは唯一の選出。ヘタフェから加入した今シーズン、ラ・リーガより遥かに勝る強度の中で、ククレジャはバルセロナ仕込みのテクニックに加え、スピードやパスも非凡な才能を見せ、左サイドバックとして素晴らしい存在感を放った。移籍金が1500万ポンドだったこともあり、今季のベストバイに推す声も。また、すでにチェルシーやシティからの関心が伝えられている。

MFロドリ(25歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:33(先発回数:33)/7ゴール2アシスト/出場時間:2888分Getty Images
加入3年目を迎え、もはやペップ戦術の申し子となったロドリ。ポジショニング、パス捌き、キック精度のどれをとっても現在のシティには欠かせないもので、とりわけ守備時のポジショニングの正確さは、チームの攻撃力にも起因している。今季は重要な終盤戦にゴールを量産しており、最終節のアストン・ビラ戦では、ミドルレンジから針の穴を通すようなゴールで逆転勝利に貢献した。

MFケビン・デ・ブライネ(30歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:30(先発回数:25)/15ゴール8アシスト/出場時間:2206分Getty Images
足首の問題で前半戦はサラーやベルナルド・シウバに主役の座は譲ったものの、シーズン後半はデ・ブライネの独擅場に。終盤のウルブズ戦ではプレミアリーグ歴代3番目の早さとなるハットトリックと1試合4ゴールを達成。そして、最終節で逆転勝利を呼び込んだギュンドアンへのアシストは真骨頂と言えるプレーだった。

MFベルナルド・シウバ(27歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:35(先発回数:33)/8ゴール4アシスト/出場時間:2860分Getty Images
前半戦は攻守に大車輪の活躍でMVP級のパフォーマンスだったベルナルド・シウバ。シーズン後半は数字上は目立たなかったが、攻撃的な選手の中でも最もピッチに立っていた選手で、相変わらずペップからの信頼は厚かった。繊細かつダイナミックなプレーで、シティの優勝に貢献した。

FWモハメド・サラー(29歳/リバプール)
出場試合数:35(先発回数:25)/23ゴール14アシスト/出場時間:2762分Getty Images
3度目のプレミアリーグ得点王に輝いたサラー。15ゴールをマークした前半戦と比較すると、後半戦は代表で2つの大きな失望を味わったこともあり、ゴール数は伸び悩む結果に。それでも、アシスト数でもトップに立ったエジプト代表FWは流石の一言に尽きる。

FWフィル・フォーデン(22歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:28(先発回数:24)/9ゴール8アシスト/出場時間:2134分Getty Images
もはやポジションに囚われない変幻自在な選手に化けたフォーデン。プロ入り当初は中盤の中央で起用されることが多かったが、今季は両ウイングに加えてセンターFWでの起用が増え、最前線でゲームを組み立てるプレーが印象的だった。まだまだ伸び代を残す末恐ろしい22歳は、プレミア史上初の2年連続での若手最優秀選手に選ばれる偉業を成し遂げた。

FWソン・フンミン(29歳/トッテナム)
出場試合数:35(先発回数:24)/23ゴール9アシスト/出場時間:3022分Getty Images
在籍7年目を迎えたソン・フンミンが、今季はサラーと並んで初めてゴールデン・ブーツを受賞した。移籍叶わずで闘争心を失いかけていたエースに代わって序盤から気を吐いた韓国代表FWは、サラーよりもコンスタントに得点を重ねた。今季のスパーズにとって大きなポイントとなった終盤戦では、10試合で12ゴール3アシストを記録。チームの3シーズンぶりとなるCL出場に導く働きを見せた。