フランス代表DFウィリアム・サリバ(21)が、来シーズンにアーセナルでのポジション争いに臨む覚悟を決めた。

サンテチェンヌでの台頭によって2019年夏にアーセナルに完全移籍したサリバ。2019-20シーズンはレンタルバックという形で古巣に残留し、その翌シーズンにノースロンドンのクラブに正式加入。しかし、ミケル・アルテタ監督の信頼を得ることができず、2021年1月にニースに半年間の武者修行に出された。その後、昨夏に復帰したアーセナルでは再び構想外と見なされてマルセイユへ1年間のレンタルに出ることになった。

そのマルセイユでは持ち味であるアスリート能力と守備センスを武器に屈強な守備者として存在感を示す一方、智将ホルヘ・サンパオリの下でビルドアップ能力にも磨きをかけ、リーグ屈指の若手DFとしての評価を確立。

先日にはフランス全国プロサッカー選手連合(UNFP)の年間最優秀若手選手賞と共に、リーグ・アン年間ベストイレブンをダブル受賞していた。

この活躍により、マルセイユへの完全移籍やアトレティコ・マドリーからの関心も伝えられる21歳だが、フランスのテレビ局『TF1』の番組『Telefoot』で来季の去就について言及。アーセナルでのポジション争いに臨む意向であることを明らかにした。

「僕はアーセナルに属している。契約は2年の残っているし、アーセナルに戻るつもりだよ」

「ここまで試合の出場はゼロだけど、自分の本当の姿を見せたい。そして、ファンと偉大なクラブのためにプレーするチャンスを得たいと思っているよ」