水戸ホーリーホックは5日、大宮アルディージャ戦でのFW木下康介の行為について謝罪した。

5日、明治安田生命J2リーグ第20節がNACK5スタジアム大宮で行われ、大宮と水戸が対戦した。

大宮にとっては相馬直樹監督が就任後、初めてのホームゲームということもあり大きな期待が寄せられた試合。勝利を目指した戦いとなった。

試合は立ち上がりから強度高く両チームが入り、大宮も何度となくチャンスを迎えるがゴールを奪えず。すると42分に新里涼がゴールを決めて水戸が先制する。

さらに後半立ち上がりの48分には、CKの流れから楠本卓海がゴールを決めて追加点を奪う。

2点リードした水戸は62分にもビッグチャンス。大宮の攻撃を防ぐと、ビルドアップのボールを奪った木下が自陣からドリブルスタート。右サイドを突破するとフリーでボックス内へ。大宮も懸命に戻ると、最後は山田将之がブロックしていた。

その際に悔しさを露わにした木下が、ゴール裏に設置してあったLEDの看板を前蹴り。スポンサーの看板を故意に蹴る事件が起きていた。

水戸はこの件について声明を発表。小島耕代表取締役は、大宮に謝罪するとともに、木下と自身への処分を検討していると発表した。

「この度、2022年6月5日(日)NACK5スタジアム大宮にて行われました、2022明治安田生命J2リーグ第20節大宮アルディージャ戦において、後半16分、木下康介選手がスポンサー看板を蹴るという事象が発生致しました。ご支援いただいておりますスポンサー様の看板を蹴るというあってはならない行為、さらに看板の器物破損もしております」

「スポンサー様、大宮アルディージャ様、そして日頃より支えていただいているファン・サポーター、関係者の皆様に深くお詫び申し上げます」

「木下選手および私を含む管理責任者に対しまして厳正な処分を検討してまいります」

「また今後、同様な行為が繰り返されぬよう、同選手はもちろんのこと全所属選手およびスタッフに対して、あらためてフェアプレーの指導および教育の徹底をしてまいります」

試合は0-2でアウェイの水戸が勝利。試合に勝利したものの、余計な行為が水を差すこととなってしまった。