三菱重工浦和レッズレディースのMF遠藤優が積極的なアプローチを試みるようだ。

初年度となった「2021-22 Yogibo WEリーグ」は5月22日に全日程を終え、INAC神戸レオネッサの優勝で幕を閉じた。なでしこリーグ王者として臨んだ浦和レディースは、惜しくも2位に。ただ、第43回皇后杯ではジェフユナイテッド市原・千葉レディースを下し、悲願の初優勝を飾った。

遠藤はリーグ戦19試合に出場し、2得点を記録。スタメンでの出場はなかったが、途中投入で中盤を活性化した。

オフを迎えた現在、遠藤は1日に男子チームの天皇杯観戦のために足を運ぶなどしていた。5日には自身のイメチェンを決行。髪の色をホワイトピンクに染めたと、自身のインスタグラムで報告した。

「心機一転NEWヘアー。ホワイトピンクに染めたんですけど、どうですか〜?似合ってますか〜??オフ期間に入ったので、たくさん投稿していきまーーす!!」

4月7日には一般男性との入籍を発表。オフ期間での積極的な情報発信も宣言した24歳の新妻は、ツイッターでも初めてのリプ返信を試みている。

新たなヘアスタイルにも「オフをたくさん楽しんでくださいね」、「素敵だしお似合いです」、「むちゃくちゃお綺麗です」、「外ハネもステキ」、「可愛さが反則ですね」、「かわいいです!モデルさんみたい」のように、美麗さを褒めちぎる声が相次いでいる。