アーセナルに所属する日本代表DF冨安健洋がチームメイトたちと再会した。

6日、日本はキリンチャレンジカップ2022でブラジル代表と対戦。右ハムストリングを負傷している冨安は、パラグアイ代表戦に続き欠場となったが、試合を見守った。

ブラジルには、アーセナルで一緒にプレーするFWガブリエウ・マルティネッリとDFガブリエウ・マガリャンイスも招集。試合後には冨安もピッチに降り立つと、談笑しているブラジル代表の選手たちの輪へ入っていき、2人のガブリエウと挨拶を交わす場面もあった。

冨安は7日、自身のインスタグラムのストーリーズを更新。マルティネッリとスタジアム内で会話する写真を添え、「日本で会えてよかった」と同僚にメッセージを送っている。

ブラジル戦では、3人の中でマルティネッリのみ途中出場。アーセナルのファンからは「ガブリエウと冨安とのマッチアップ見たかった」、「同クラブ対決見たかった」と推しの選手同士が両方の国を代表して戦う姿を見たいと望む声も多く上がっていた。