アルミニア・ビーレフェルトのMF奥川雅也が幸せを共有した。

京都サンガF.C.出身の奥川は2015年7月にザルツブルクのリザーブチームに当たるリーフェリングへと加入。2018年7月にザルツブルクへと移籍した。

2018-19シーズンはホルシュタイン・キールへレンタル移籍すると、2019-20シーズンはザルツブルクでプレー。2020年には日本代表にも招集されたが、チーム内での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が出たために辞退している。

2021年1月からレンタル移籍でビーレフェルトに加入すると、完全移籍で2024年まで契約。今季はリーグ戦33試合で8ゴール1アシストと2部に降格したチームでも孤軍奮闘の活躍を見せた。

充実のシーズンを過ごした奥川は、オフ中に結婚式を開催。9日に自身のインスタグラムを更新し、「先日結婚式を挙げました!!お世話になった方々に来てもらってお祝いしてもらい幸せでした!!これから奥さんと共に新シーズンも頑張ります!よろしくお願いします」とその様子を伝えている。

奥川は、ドイツで同居しており終始幸せな様子。素敵な写真を投稿しており、ファンからは「奥さん美人すぎない???」、「ご結婚おめでとうございます」、「幸せになってください」と祝福の言葉が届いている。

ビーレフェルトが降格したため、500万ユーロ(約6億8500万円)のリリース条項が有効となるとされている奥川だが、新天地を求めることになるだろうか。さらなる活躍に期待がかかる。