京都サンガF.C.は13日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。

当該選手は11日に発熱(37.4度)と喉の痛みを訴え、同日に2度の抗原検査を実施。どちらも陰性判定だったものの、12日の検査で陽性反応が出たため、PCR検査で改めて確認したところ、陽性が確定したという。

クラブによれば、濃厚接触者及びその疑いのある者はおらず、今後の予定に影響はないとしている。

なお、京都は6日にも選手1名の感染が伝えられていた。