UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ1の第4節、フランス代表vsクロアチア代表が13日に行われ、0-1でクロアチアが勝利した。

3日前に行われたオーストリア代表戦を1-1の引き分けに持ち込んだものの、ここまで2分け1敗と未勝利の最下位フランス(勝ち点2)は、ベンゼマ、ムバッペ、エンクンクの3トップで臨んだ。

一方、前節デンマーク代表戦を制して初勝利とした3位クロアチア(勝ち点4)は、モドリッチ、ブロゾビッチ、コバチッチが先発。フランス同様に[4-3-3]で臨んだ。

試合は開始3分、CKの流れからブディミルがコナテに倒されてクロアチアがPKを獲得。これをモドリッチが決めてクロアチアが先制すると、その後は自陣に引いたクロアチアをフランスが崩せない状況が続いた。

そのまま1点ビハインドで迎えた後半、フランスはチュアメニとパヴァールを投入。

しかし開始4分、クロアチアに追加点のチャンス。だが、コバチッチのスルーパスに抜け出したブディミルのシュートはGKメニャンにセーブされた。

チュアメニとパヴァールの投入によって攻撃が活性化されたフランスが攻勢に出ると、55分にはムバッペがミドルシュートで牽制。そして61分には同点の絶好機。しかし、ボックス右に抜け出したムバッペのシュートはGKイブシッチのセーブに阻まれてしまう。

終盤にかけてもフランスが攻勢をかけ続けたが、ゴールが遠くそのままシャットアウト負け。4戦勝ちなしで最下位のままとなっている。

また、グループ1もう一試合のデンマーク代表vsオーストリア代表は、ウィンドとスコフ・オルセンのゴールで2-0としたデンマークが勝利。3勝目を挙げ、首位をキープしている。