日本代表は14日、キリンカップサッカー2022決勝でチュニジア代表と対戦し、0-3で完敗した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

日本代表採点

※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし

GK
シュミット・ダニエル 5.0
3失点はいずれも仕方ないが、アピールできずの一戦に。

DF
板倉滉 5.5
強度の高い相手だったが、怯むことなくしっかり対応。ただ、2失点目の場面は避けられらたはず。

長友佑都 5.5
攻撃参加は少なかったが、安定した守備で貢献。

(→山根視来 -)

吉田麻也 4.0
2失点に絡む痛恨のパフォーマンスに。守備に課題の残る一戦だった。

伊藤洋輝 5.0
最初の失点のシーンでは目測を誤って原因を作ってしまった。攻撃参加も今日はイマイチ。

MF
遠藤航 6.5
相手のボールの奪いどころとなり、苦戦する内容となったが、その分いつも以上に守備力の高さが強調されていた。

原口元気 5.0
今シリーズ3試合目の先発出場となったが、今日は攻守に印象の薄い出来に。

(→田中碧 5.0)
後半から出場も持ち味を出せず。

鎌田大地 4.5
前半にこの試合最大の決定機が訪れるも、ゴールは奪えず。その他の場面では見せ場を作ることが難しかった。

(→三笘薫 6.0)
キレのあるドリブルはチュニジアにも通用。停滞していた日本の攻撃の起爆剤となった。

FW
南野拓実 5.0
今シリーズ2度目の先発出場も、相手を脅かすプレーはできず。

(→久保建英 5.0)
堂安と同時投入で高い期待が持たれたが、チュニジアの高い守備力に手を焼いた。

伊東純也 6.0
中央攻撃が制限されていた中で、前半は伊東の右サイドが日本の主砲に。その中で何度もチャンスを作った。

(→堂安律 5.0)
久保とのコンビで何度か仕掛ける場面を作ったが、ゴールには直結せず。

浅野拓磨 5.0
何度かチャンスに絡むも結果は残せず。交代直前のバイシクルシュートが最もゴールに迫った瞬間だった。

(→古橋亨梧 5.5)
シュートシーンもあり、最前線でよくボールに絡むプレーを披露。しかし、肝心のゴールには程遠かった。

監督
森保一 5.0
おそらく誰も予想していなかった展開に。交代策で使えるカードを全て切ったが歯が立たなかった。本番に向けて課題を突きつけられる試合となった。