ブラックバーン・ローヴァーズは14日、ヨン・ダール・トマソン氏(45)を新指揮官に招へいしたことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。

元イングランド代表FWアラン・シアラーを擁した1994-95シーズンにプレミアリーグ優勝を果たしたブラックバーン。しかし、2011-12シーズンに19位でチャンピオンシップ(イングランド2部)降格後はプレミアリーグ復帰はおろか、一時フットボールリーグ1(イングランド3部)に降格するなど、チャンピオンシップでも厳しい戦いが続く。

今シーズンはトニー・モウブレイ監督の下で、昇格プレーオフ進出に迫る8位フィニッシュしたが、新シーズンの昇格に向けてクラブは元デンマーク代表FWの招へいを決断した。

現役時代にニューカッスルやフェイエノールト、ミラン、ビジャレアルなどで活躍したトマソン氏は、これまでエクセルシオールやローダで監督を歴任。その後、2015年6月からフィテッセのアシスタントコーチに就任すると、2016年3月からはデンマーク代表のアシスタントコーチを務めていた。

そして、2020年1月に就任したスウェーデンの強豪マルメでは、就任1年目から2年連続でリーグ優勝に導き、初年度にはリーグ年間最優秀監督賞も受賞していた。

約半年間の休養期間を経てブラックバーンを新天地に選択したトマソン氏は、クラブ公式サイトを通じて新シーズンに向けた意気込みを語っている。

「ブラックバーン・ローヴァーズという伝統と大きな野望を持ったクラブの監督に就任することは、私にとって大きな誇りであり、楽しみでもある」

「このクラブには若いチームと素晴らしいアカデミーがあり、オーナーはプレーヤーを育成し、将来的に持続可能なプレミアリーグのクラブになるという明確なビジョンを持っているおり、このエキサイティングな新章に携わることができて本当に嬉しく思っている」

「マルメを退団して以来、自分に合ったクラブを探していて、いろいろな選択肢があったが、スティーブ会長や(フットボールディレクターの)グレッグと話をして、このクラブにとても好感を持ち、次のチャンスを見つけたと思った」

「私はイングランドのフットボールを見て育ち、イングランドでのフットボールに対する情熱や、フットボールファンがいかに特別な存在であるかは、すべて理解している」

「ブラックバーン・ローヴァーズのようなビッグクラブに来て、情熱的なファンたちと一緒に、チャンピオンシップという素晴らしいリーグを戦えることは素晴らしいことだ。大きな挑戦だが、その一員になることをとても楽しみにしている」

「監督にとって最良のことは、プレーヤーとスタッフと協力し、方向性を示し、スタッフとプレーヤーが成功するための環境を作るために協力することだ。 成功し、できるだけ多くのゲームに勝ち、プレーヤー、チーム、クラブを前向きな方向に導いていきたい」