Jリーグは14日、5月の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間ベストゴール」を発表。J3リーグでは藤枝MYFCのFW押谷祐樹のゴールが受賞している。

押谷はジュビロ磐田の下部組織出身で、2008年にトップチーム昇格。FC岐阜や、ファジアーノ岡山、名古屋グランパス、徳島ヴォルティスを渡り歩き、昨季から藤枝へ加入。背番号「10」を背負っている。

今シーズン序盤は途中出場が多かった押谷だが、5月4日に行われたJ3第8節のFC岐阜戦では先発。4-3の壮絶な打ち合いとなった試合で自身もゴールを奪った。

50分にチームが先制した直後の51分、自陣右サイドのDF小笠原佳祐から長いスルーパスが前線に送られると、中間で味方がこれをスルー。完全に相手DF陣の意表を突くと、受けた押谷がゴール前へ。最後は相手GKの頭上を越す見事なループシュートを決めた。

ゴール前での冷静さを見せた押谷は、GKのポジショニングを把握していたと明かし、狙い通りに遂行できたとゴールの背景を説明。今後もゴールを重ねていくと意気込んだ。

「今回はベストゴールに選出いただきありがとうございます。ゴールシーンは小笠原選手から裏に縦パスが入って、トラップして前を向いたときにGKが前に出ているのが分かったのですぐにループしようと頭に浮かび、うまくすくい上げられた感じのゴールでした」

「他にもすごいゴールはたくさんあったと思いますが、浮いているボールではなく転がっているボールをループできたところが綺麗だったと思うので、そこで選んでいただけたのかなと感じます」

「またこうした賞を受賞できるように日々頑張ってゴールを決められるようにしますので、ぜひ藤枝MYFCの応援をよろしくお願いいたします」


◆Jリーグ選考委員会による総評
・窪田慎二委員
「裏への抜け出し、正確なボールコントロール、前に出てきたGKの動きを冷静にみられるドリブル時の姿勢、そして絶妙なタイミングでの素晴らしいループシュート。サッカーをプレーする子どもたちにも見てもらいたい、お手本となるシュート技術を見せつけた」

・北條聡委員
「裏抜けから放ったループショット。相手GKの位置取りを見極め、クールにボールをすくい上げた」

・寺嶋朋也委員
「高い技術力に裏付けされた絶妙なループシュート。なによりも冷静さが光った」

なお、J1リーグからは清水エスパルス戦で流れるようなキックフェイントからゴールを奪った柏レイソルのMFマテウス・サヴィオ、J2リーグからはアルビレックス新潟戦で35mの位置からブレ球FKを沈めたFC町田ゼルビアのMF山口一真のゴールが選ばれている。